« 本日より 「平山郁夫とシルクロードのガラス展」開催 5/11(日)まで。 | トップページ | 第1回ガラス教育機関合同作品展(GEN展)のおしらせ »

2008年3月15日 (土)

3/29(土)会員向け見学会 横浜ユーラシア文化館企画展示『エジプトの小さなガラスの円盤‐中世イスラーム都市のくらし‐』

来る3月29日 (土)、現在開催している

横浜ユーラシア文化館企画展示

『エジプトの小さなガラスの円盤‐ 中世イスラーム都市のくらし‐』 の見学会を行います。

このガラスの円盤とは、中世イスラーム時代のエジプトで使われた計量用の道具です。
さまざまな色ガラスで作られており、表面にはアラビア文字などでこの道具に関する情報が記されています。
今回の展示では、日本で初公開となるブーヴィエ・コレクションのガラスの円盤とエジプト最古のイスラーム都市であるフスタート遺跡から出土した様々な資料とともに中世のエジプト都市でくり広げられた人々の豊かな生活をご紹介します。

P1060200 


■日時
3月29日(土)13:30(集合1階総合受付)~16:00 (解散予定)

■見学先
横浜ユーラシア文化館企画展示「エジプトの小さなガラスの円盤‐ 中世イスラーム都市のくらし‐」(展示室内での見学と発表になります)
横浜市中区日本大通12 ℡045-664-2424

■料金
一般500円(20名以上の団体は一人400円、 横浜市の「長寿のしおり」をお持ちの方は無料)

■内容
・学芸員による展示解説 
ガラスの円盤に記された情報。そこにはどのようなことが記されているのでしょうか?この情報を読み解くと、その時代のエジプトの姿が見えてきます。

・加藤慎啓さん(東京理科大学・中井研究室)による発表
「グラス・ウェイトの化学分析」
ブーヴィエ・コレクションのガラスの円盤の分析を担当しました。
当時のイスラーム・ガラス製造に関して、分析の立場から明らかにしていきます。

■アクセス
みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口徒歩0分
JR「関内駅」南口・市営地下鉄「関内駅」出口徒歩10分

■参加申し込みについて
人数を事前に把握するために、
当日参加ご希望の方は以下の方法で参加申し込みをお願いいたします。

1.メールによる方法  
研究企画の山花あてにメールをお送りください。
2. ファックスによる方法 
ご参加の旨をファックスにて横浜ユーラシア文化館 竹田宛にお送りください。

以上、皆様のご参加をお待ちしております。

関東研究企画 池田まゆみ・竹田多麻子・加藤慎啓・山花京子

/////////
日本ガラス工芸学会
/////////

 

|

« 本日より 「平山郁夫とシルクロードのガラス展」開催 5/11(日)まで。 | トップページ | 第1回ガラス教育機関合同作品展(GEN展)のおしらせ »

会員の皆様へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3/29(土)会員向け見学会 横浜ユーラシア文化館企画展示『エジプトの小さなガラスの円盤‐中世イスラーム都市のくらし‐』:

« 本日より 「平山郁夫とシルクロードのガラス展」開催 5/11(日)まで。 | トップページ | 第1回ガラス教育機関合同作品展(GEN展)のおしらせ »