« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年11月

2008年11月25日 (火)

リンク集に、彩硝房(さいしょうぼう) ガラス作家 吉野晃司さんのサイトを追加

日本ガラス工芸学会サイトで、会員の皆さんや関係先のホームページをご紹介しているリンク集

埼玉県ふじみ野市の会員のガラス作家吉野晃司様のサイト


ガラス工房 彩硝房 吉野晃司

を追加しました。

 

リンク集は、会員の皆さまでホームページをお持ちの方でしたら
どなたでも追加できます。ご一報お待ちしております。
またweb担当より、サイトを拝見して追加如何ですか?
のお知らせが行く場合があります。

宜しくお願いします。

/////////
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
日本ガラス工芸学会
/////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

上野・東京国立博物館で、特集陳列 古代の輝き ペルシアのガラス器―切子の世界―開催

特集陳列 古代の輝き ペルシアのガラス器―切子の世界―のご紹介

上野の東京国立博物館東洋館第3室では、昨日11月18日(火)から09年2月1日(日)まで、特集陳列 古代の輝き ペルシアのガラス器―切子の世界-が開催されています。

「近年、東京国立博物館では、350件余りからなる古代ガラス・コレクションの寄託を受け、整理研究を続けています。それらは地中海東部から中央アジアに至る広い地域で出土した作品群です。その中から、昨年度は各種の容器類をご覧いただきましたが、今回はペルシアを中心とする「切子(きりこ)ガラス」の容器をテーマに展示いたします。 ・・・ (サイトより)

また、列品解説「切子ガラス」 が、2008年12月16日(火) 14:00より本館20室にて行われます。

詳細は、東京国立博物館のご案内をご覧下さい。

展示のお知らせを拝見し、ガラス工芸関係のニュースとして此方にご紹介します。
皆さまからのご意見、ニュースもどしどしお持ちしております。

また、12/6(土)に新橋で開催します日本ガラス工芸学会 第17回研究会 テーマ「ガラスのジャポニズム」が迫っております。
研究会後の忘年会の出欠とあわせ、ご連絡お待ちしております。

/////////
日本ガラス工芸学会
/////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

12/6(土) 第17回研究会 テーマ「ガラスのジャポニズム」

第17回 日本ガラス工芸学会・研究会〔東京〕

テーマ -ガラスのジャポニズム- のご案内 会員以外の方でも参加できます(有料500円) 

日本ガラス工芸学会会員各位

夕方の風が肌寒く感じるようになりました今日この頃、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
さて、日本ガラス工芸学会・研究会(関東)では12月6日(土)に「ガラスのジャポニズム」というテーマで研究会を開催することとなりました。皆様の参加を心よりお待ち申し上げております。

関東研究会 研究企画部門一同

第17回 日本ガラス工芸学会・ 研究会〔東京〕のご案内

秋冷の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。

日本ガラス工芸学会・研究会〔東京〕では、来る12月6日 (土)に研究会を開催いたします。今回は「ガラスのジャポニズム」をテーマに、日本が近代ヨーロッパのガラス芸術に与えた影響について、 研究の最前線にいらっしゃる会員の発表を予定しています。

日時
2008年12月6日 (土)

開場
13: 00

第1発表
13: 30~15: 00 (質疑応答も含む)
池田まゆみ会員 「ジャポニズムと19世紀後半のガラス工芸」

休憩 15: 00~15: 15

第2発表
15: 15~16: 45 (質疑応答も含む)
土田ルリ子会員 「ガレのジャポニズム(仮題)」

場所
日本硝子製品工業会 8階会議室
港区新橋2- 12-15 田中田村町ビル(最寄地下鉄:地下鉄都営三田線内幸町駅、JR 新橋駅)  

  グーグルマップで見る

研究会参加について
会員の皆様の研究会へのご参加は無料です。
非会員の方々の参加については、参加費500円を徴収いたします。

会場の椅子準備の関係上、ご参加になる方は前もって事務局または担当(山花 メールアドレス yama_egy@hum.u-tokai.ac.jp)へご連絡いただけますよう、お願いいたします。
また、緊急の場合の連絡は池田まゆみの携帯電話 へお願いします。

忘年会について
研究会の後には忘年会を予定しています。お一人の予算は約5000円です。 忘年会に参加ご希望の方は事務局か、上記のメールアドレスに11月30日までにご連絡ください。 なお、年末ということもあり、座席数の変更が難しい場合もあります。キャンセルの場合は12月4日までにお申し出ください。 それ以降のキャンセルについては、実費をお支払いいただくことになりますが、悪しからずご了承願います。

以上

皆様ふるってご参加ください。  印刷用PDFはこちら。

関東研究企画委員
池田まゆみ
藤原信幸
竹田多麻子
加藤慎啓
山花京子

※ネット掲載の為、池田様の携帯番号は****としております。

/////////
日本ガラス工芸学会
/////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »