« 黒川高明著『ガラスの文明史』が発行 春風社より2/5より | トップページ | 2/13(金)NHK教育 美の壺 ガラスの器放送 和ガラスがテーマ。 »

2009年2月14日 (土)

スウェーデン大使館 On Journey ガラスアート展 3/4-19 六本木

スウェーデン大使館様より、六本木の同大使館で行われるスウェーデン人ガラス作家の来日個展のご案内をいただきました。 ガラス工芸イベントとして、ここにご紹介します。

On Journey

ホーカン・ブロムクヴィストとカーリン・ヴェストマンによるガラスアート展

OnJourney ホーカン・ブロムクヴィストとカーリン・ヴェストマンによるガラスアート展

「私達は、自身をも驚かすような感覚が湧き上がることや、
期待していなかったことが現実になったときのあの感覚を捜し求めています。」

ホーカン・ブロムクヴィストとカーリン・ヴェストマンはスウェーデンのヴェルムランド地方のヘーグボーダという村にスタジオを持ち、 そこで暮らしている。二人はおよそ20年間、テキスタイルと木工の分野で活躍してきたが、1999年には、その表現手段をガラスに転向した。 すぐにキャスティングの面白さに魅了された二人はパートドベール手法を表面に用いたサンドキャスティングで製作を始めた。 この10年間に彼らが旅してきたガラス工芸という大海はさながら多島海を旅するようであった。民族的に影響を受けた描写方法は様々な場面で解き放たれ、 と同時に現実性をも持つものとなった。

キルン・ワークを更に学ぶために、ホーカンは米国のピルチャックで開催された「選考基準を満たした人のためのサマーワークショップ2003」 に参加した。ホーカンとカーリンのデザインは抽象的であり、動的センスと多様性を持っている。また、同時に静的な雰囲気も持ち合わせている。

このデュオのアーティストは2002年と2004年にニューヨークで開かれた展覧会に、 更に2004年と2006年にはシカゴとシアトルでの展覧会に出品したことで世界的に有名になった。以来、 スウェーデン国内及びヨーロッパで多くの展示会をしている。今回の東京のスウェーデン大使館での展示会でその活動を日本に広げることになる。

Green objekt OnJourney ホーカン・ブロムクヴィストとカーリン・ヴェストマンによるガラスアート展

 

会場 〒106-0032 東京都港区六本木1-10-3-100 スウェーデン大使館ギャラリー
会期 2009/3/4(水) -19日(木) 10:00-17:00(平日12:30-13:30は昼休み、土日祝日は休館)
費用 無料
HP スウェーデン大使館

花の便りも聞かれる3月、スウェーデンからガラスのアーティストがやってまいります。 春のひと時、 どうぞ大使館ギャラリーにお越しください。

◆オープニングレセプションを開催。
3月4日19:00よりオープニングレセプションを開催いたします。
アーティストと直接ご歓談いただけます。
ご参加お申し込みは2月25日までに御所属、ご氏名、E-mail アドレス、ご連絡先お電話番号をご明記の上info@sweden.or.jp まで、お申し込みください。 皆様のご来館をお待ち申し上げております。

当学会会員の方でご希望される方は、とりまとめますので池田までご連絡ください。

/////////
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
日本ガラス工芸学会
/////////

 

|

« 黒川高明著『ガラスの文明史』が発行 春風社より2/5より | トップページ | 2/13(金)NHK教育 美の壺 ガラスの器放送 和ガラスがテーマ。 »

ニュース・トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スウェーデン大使館 On Journey ガラスアート展 3/4-19 六本木:

« 黒川高明著『ガラスの文明史』が発行 春風社より2/5より | トップページ | 2/13(金)NHK教育 美の壺 ガラスの器放送 和ガラスがテーマ。 »