« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

[開催中]3/27-5/23 サントリー美術館 「和ガラス ― 粋なうつわ、遊びのかたち ― 」展

東京ミッドタウンガレリア内サントリー美術館にて、3月27日(土)~5月23日(日)の期間で

「和ガラス ― 粋なうつわ、遊びのかたち ― 」展 開催

日本ガラス工芸学会の特別会員でご支援を頂いておりますサントリー美術館にて、「和ガラス -粋なうつわ、遊びのかたち-」展 が開催されますので、ここにご紹介します。
当学会も後援いたしております。

サントリー美術館「和ガラス 粋なうつわ、遊びのえたち」展

「日本で本格的にガラスの器作りが開始したのは、江戸期に入ってのこと。
南蛮船がもたらすヨーロッパのガラス器に憧れ、17世紀前半から中頃、長崎で吹きガラスが始められたと考えられています。
以来、さまざまな生活用具が作られるようになりますが、陶磁器や漆器とは異なり、光を透し、響きあうガラスは、日常に独特の輝きを放っています。
盃や徳利、皿などの飲食器はもちろん、ガラスでできたくし・かんざしや文房具、ビーズで飾られたたばこ盆は、時におしゃれの代名詞となり、時に数寄者の的となりました。
また、ガラスの虫籠や吊灯籠など、今ではほとんど消えてしまったものも少なくありません。
本展覧会では、江戸から明治にかけて、驚くほど、様々な物がガラスで作られ、生活の隅々に浸透していった様子をご紹介いたします。
粋で、遊びごころ一杯の「和ガラス」の美をお楽しみください。」

・イベントについて

「江戸から明治にかけて、驚くほど、さまざまな物がガラスで作られ、生活の隅々に浸透していった様子をご紹介します。粋で、遊びごころ一杯の「和ガラス」の美をお楽しみください。なお、本展覧会会場吹き抜けスペースでは、今では日本で2軒だけになってしまった江戸風鈴によるインスタレーションも展開します。」

・関連イベントとして
当学会井上会長による講演を始めとしたイベント等も行われます。

・サイト

和ガラス ―粋なうつわ、遊びのかたち―

img173会場 サントリー美術館 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
会場 2010年3月27日(土)~5月23日(日) ※会期中、展示替え有。
開館時間 〔日・月・祝〕10:00~18:00 〔水~土〕10:00~20:00
※3月27日(土)は「六本木アートナイト」開催のため22時まで開館、5月2日(日)~4日(火・祝)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
休館日 火曜日(5月4日[火・祝]は開館)
入館料
当日 一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
前売券 一般1,100円、大学・高校生800円
夜間ペア割引 2,200円(2名様/金曜日18時以降)
※団体割引は20名様以上100円割引
※前売券の販売期間は3月26日(金)まで

音声ガイド:500円

主催:サントリー美術館
後援:日本ガラス工芸学会、日本硝子製品工業会
協賛:三井不動産、石塚硝子、東洋佐々木ガラス、東洋ガラス、三井住友海上火災保険

/////////
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
日本ガラス工芸学会
/////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3回ガラス教育機関合同作品展(GEN展) 3/16-23 上野 東京都美術館

第3回ガラス教育機関合同作品展が、本年も上野の東京都美術館で開催されました。

◇開催の様子 3/30追記

 第3回ガラス教育機関合同作品展 第3回ガラス教育機関合同作品展

第3回ガラス教育機関合同作品展 第3回ガラス教育機関合同作品展 第3回ガラス教育機関合同作品展

 

  開催のご挨拶 開催のご挨拶
GENについて GENについて

◇開催前のおしらせ

第3回ガラス教育機関合同作品展第3回ガラス教育機関合同作品展

ガラス教育部門を持つ学校の連携組織・ガラス教育機関ネットワーク(Glass Educational Network)が主催する合同作品展が本年も開催されます。第3回。
ガラス学校の教員の方々には、当学会会員の方もいらっしゃいます。
日時 2010年3月16日(火)~23日(火) 9時~17時 (入館は16時30分まで)
料金 無料
会場 東京都美術館 第二彫塑室(地下3階)

第一回 GEN展の様子
第二回 GEN展の様子

/////////
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
日本ガラス工芸学会
/////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

岡山 妖精の森ガラス美術館企画展「日本のガラス工芸」3/31-9/27

妖精の森ガラス美術館2010年度前期企画展
タイトル「日本のガラス工芸 - さまざまな技法と表現 -」

妖精の森ガラス美術館2010年度前期企画展タイトル「日本のガラス工芸 - さまざまな技法と表現 -」

岡山県鏡野町の妖精の森美術館さまより、ご案内を頂きました。
日本ガラス工芸協会さん協賛の企画展が行われます。
当学会会員の作家さんの品も展示されます。 ここにご紹介します。

ご案内の詳細は、
こちらのお知らせ印刷用(PDF 1MB)をご覧ください
妖精の森ガラス美術館2010年度前期企画展 「日本のガラス工芸 - さまざまな技法と表現 -」

◇趣旨
この展覧会は1960年代から現在まで、さまざまな造形活動を展開してきた21名のガラス作家の作品を紹介するものです。 (中略)それぞれ持ち前の感性と技法を駆使して、素材としてのガラスの可能性を追求している21名のガラス作家たちの、多彩で個性的な表現をお楽しみください。

藤田喬平「紅白梅飾筥」1996藤田喬平「紅白梅飾筥」1996

◇開催要項

会場
妖精の森ガラス美術館2階企画展示室 岡山県苫田郡鏡野町上齋原666-5
ホームページ
妖精の森ガラス美術館
開催期間
2010年3月31日(水)~2010年9月27日(月)
開館時間
9:30~17:00
主催
妖精の森ガラス美術館 (0868-44-7888 担当:畠山)
後援
日本ガラス工芸協会
協力
ギャラリーエノモト
入館料
大人・大学生 500円(団体400円) 高校生 400円(300円)
小・中学生 300円(団体200円) ※団体料金は20名以上

◇出品作家
伊藤 孚 イワタ ルリ 上島 あい子 内村 直生 馬越 寿
扇田 克也 奥野 美果 酒井 真一 佐野 曜子 志賀 英二
竹内 傳治 鍋田 尚男 西 悦子 藤田 喬平 藤田 潤
安田 泰三 山科 昌子 山野 宏 横山 尚人 吉本 由美子
若林 克昌

◇展示作品例

佐野曜子「Spring Bowl」2007佐野曜子「Spring Bowl」2007

奥野美果「オブジェ花器」 2009奥野美果「オブジェ花器」 2009

山野 宏「Fish on Ice」1997 山野 宏「Fish on Ice」1997

 鍋田尚男「紅彩四方皿」2008 鍋田尚男「紅彩四方皿」2008

西 悦子「Lace Cage」 1997西 悦子「Lace Cage」 1997

安田泰三「虹色バルーン」2010 安田泰三「虹色バルーン」2010

/////////
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
日本ガラス工芸学会
/////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

3/20 日本ガラス工芸協会企画座談会 「いかにマーケットを開拓するか」

日本ガラス工芸協会様より、GEN展に合わせた企画のお知らせを頂戴しました。
当企画は、過日の年会にて西さまもご紹介されました。
改めて、ここにご紹介します。

日本ガラス工芸協会では、今回合同作品展の開催に合わせ、下記座談会を企画しております。日本ガラス工芸学会のみなさまにも大変興味深い内容となっていると思います。ふるってご参加いただきますようにご周知ください。よろしくお願いいたします。

日本ガラス工芸協会 座談会 

テーマ 「いかにマーケットを開拓するか」

日時:
2010年3月20日(土)14:00~15:30
場所:
東京芸術大学美術学部中央棟2階第3講義室
連絡
先:
担当・藤原 (当日のみ ※携帯番号の為、ブログでは掲載を控えて御座います。)
テーマ
「いかにマーケットを開拓するか」
奥野美果氏を招き、日本ガラス工芸協会会員の新倉晴比古氏、中川晃氏と対談していただきます。

パネラーの紹介
・新倉晴比古
1954年 神奈川に生まれる
1978年 大学4年の時に京都クラフト会議に参加
1979年 多摩美術大学立体デザイン科卒業 ガラスコース第一期生
1980年 大阪の花瓶メーカーに勤務
1982年 パナソニック電工の系列会社でデザイナーと作家活動を始める
1985年 上記会の社内で独立する
1996年 奈良に会社を移転して現在に至る 現在従業員 7名
個展
サラ・クリスタル奈良そごう 横浜そごう 広島そごう 藤田喬平美術館(松島)
東急本店 ガレリア・プロバ(椿山荘) ギンザ・コマツ カラニス(青山) 等
現在 奈良ガラス工房(有限会社パル)代表取締役 奈良市美術家協会会員

・中川晃
1956年 東京に生まれる
1979年 上越クリスタル勤務
1980年~86年 井田硝子(現・深川硝子工芸)勤務
1987年~94年 北一硝子勤務
1995年 北海道江別市に“ちゃった工房”を設立
個展
NHK札幌 カルチャープラザEK 銀座黒田陶苑 石の蔵ぎゃらりぃはやし
ギャラリー卯甲 T.Kギャラリー ギャラリー五峯 渋谷東急本店 等
収蔵
石川県デザインセンター 札幌芸術の森 三田氏ガラス工芸館 栗山町 等

・奥野美果
1987年 多摩美術大学立体デザイン科卒業
1987年~90年 株式会社クシュカ デザイナーとして勤務
1991年~94年 オランダ、リートフェルトアカデミーでガラスを勉強
1996年~ 青山学院高等部芸術科 非常勤講師
1998年~05年 多摩美術大学非常勤講師
個展
カラニス ギャラリー仲摩 ACギャラリー ギャラリーオキュルス
アートワークス ギャラリーひろば K÷Planet 等
著書
1998年 『家庭ガラス工房―電気炉を使って』(ほるぷ出版、共著)
2008年 『キルンワーク―電気炉卒カッタ手作りガラス工房』(ほるぷ出版。編著)

関連
3/16-23 第3回ガラス教育機関合同作品展(GEN展) 上野 東京都美術館

 

/////////
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
日本ガラス工芸学会
/////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/26-4/1 奥野美果ガラス展 光漂 高輪・Gallery Oculus

奥野美果ガラス展 高輪・Gallery Oculus

奥野美果ガラス展 光漂 ガラス工芸学会会員で、ガラス造形作家の奥野美果さまが個展が公開されますので、此処にご紹介いします。

奥野美果ガラス展 光漂

会場 高輪・Gallery Oculus 〒108-0074 東京都港区高輪3-10-7
連絡先 TEL. 03-3445-5088 FAX. 03-3445-7518
サイト
http://www14.plala.or.jp/oculus/

奥野美果 サイト

/////////
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
日本ガラス工芸学会
/////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

3/17-25 矢野太昭・石田彩 ガラス展  銀座・ギャラリー田中にて

矢野太昭・石田彩 ガラス展

当学会会員の石田彩さんが、矢野氏との二人展を銀座ギャラリー田中にて開催されますので、ここにご紹介します。

 矢野太昭・石田彩 ガラス展

日時
3/17(水)-25(木) 日曜休廊
会場
ギャラリー田中 124-0061 東京都中央区銀座7-2-22 同和ビル1F
電話
03-3289-2495 (FAX共通)
矢野太昭・石田彩 ガラス展作家在廊日 石田3/17-20 矢野3/22-23

 

/////////
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
日本ガラス工芸学会
/////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »