« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年7月

2010年7月23日 (金)

香川県立ミュージアム 東京国立近代美術館工芸館所蔵名品展

香川県立ミュージアムでは、
「瀬戸内国際芸術祭2010連携 東京国立近代美術館工芸館所蔵名品展 耀くわざと美―日本工芸のいま」

が開催されています。 9/5(日)まで。

当名品展には、会員の狩野智宏氏の作品も出品されます。


・会期
平成22年7月17日(土)~9月5日(日) 51日間 (会期中無休)

・会場
香川県立ミュージアム 特別展示室 〒760-0030 高松市玉藻町5-5 TEL087-822-0002

・趣旨
東京国立近代美術館工芸館が所蔵する名品から、
1960年代から現代にかけての工芸の動向を紹介する展示。
日常的に用いられる漆器や陶磁器などや贅を極めた調度品などを工芸品として制作者は、
その美を探究し、わざを高めてきました。
現代では、工芸品という枠を超え、これまで用いられてきた材料と技を駆使し、
自己の表現手段として工芸素材を用いる側面も見られるようになり、
多彩な作品が生まれています。
本展は、そうした工芸の、現代の動向から今後の可能性をもさぐる展示となります。

・サイト
http://www.pref.kagawa.jp/kmuseum/index.html

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org


このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

7/13-8/1 硝子展 ーガラス造形研究室展ー 上野・藝大アートプラザ

会員の林先生、藤原先生他、研究会等でもお世話になっております芸大ガラス研究室の皆様のガラス展が、本年も開催されます。

硝子展 ーガラス造形研究室展ー
東京芸術大学大学院ガラス造形研究室展

ガラス素材を使って制作している
教員、学生、卒業生の作
品展です。
日頃の色々な取り組みをお楽しみください。

東京芸術大学大学院ガラス造形研究室展

日時
平成22年7月13日(火)~8月1日(日)10:00~18:00(月曜定休)
但し、19日(月・祝)は営業し、20日(火)は休業

会場 東京芸術大学上野校地内 藝大アートプラザ
http://www.geidai.ac.jp/facilities/artplaza.html

出品作家
藤原信幸 林亘 海藤博 奥田康夫 冨樫葉子 上田麻祐子 作田美智子
本間商人 市川智重子 井川彩子 小池志麻 栗田絵莉子 山本真衣 藤田紗代
多田えり佳 内田有 豊澤美紗 野田朗子 石田菜々子 榎本夏帆 川島理惠
ハスラム・リーアン

東京藝術大学大学院ガラス造形講座
http://www.geidai.ac.jp/labs/glass-glass/

/////////
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会
このブログについて ☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆
/////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

9/18-9/19 見学旅行「岡山県北部にガラスを訪ねる」ご案内

日本ガラス工芸学会では、9月18日(土)~19日(日)に見学旅行「岡山県北部にガラスを訪ねる」を企画いたします。

岡山県北部にガラスを訪ねる

この地域名は、世界的にも珍しいウランガラスコレクションの専門館「鏡野町妖精の森ガラス美術館」(2006年開館)と、倉敷大原コレクションの収集にも貢献した洋画家児島虎次郎氏を顕彰する「高梁市成羽町美術館」という、特色ある館があります。
(中略)

「岡山県北部にガラスを訪ねる」ご案内

岡山県北部は交通の便に恵まれず、個人では廻りにくいところですが、今回は理事の畠山さんのご尽力より関係各所のご協力が得られ、充実したプランを立てることができました。

またとない機会ですので、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

日本ガラス工芸学会 研究企画委員会

協力 高梁市成羽美術館、妖精の森美術館、岡山県オリエント美術館、独立行政法人日本原子力研究機構人形峠環境開発センター、十文字迎賓館(牧生夫)

参加の申込みは、8月1日までにメールにて研究企画の山花あて(メールアドレスyama_egyアットマークhum.u-tokai.ac.jp)へお送りいただくか、FAXにて事務局までお送りください。

/////////
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会
このブログについて ☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆
/////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/31(土)第20回 日本ガラス工芸学会・研究会(関西)

日本ガラス工芸学会・研究会(関西)では、来る7月31日(土)に研究会を開催します。

oosaka

・記

日時 7月31日(土)
開場 13時

第1発表 13時30分~
島田 守 「世界各地のガラス工房と古代ガラス」

休憩

第2発表 15時45分~
吉田 淳一 「新出 切子斜格子に魚子文透ガラス大皿について」

・会場
大阪産業大学 梅田サテライトキャンパス
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル19F
TEL: 06(6442)5522 FAX: 06(6442)5524
http://www.umeda-osu.ne.jp/access.htm

〔交通〕
●JR「大阪駅」より徒歩 約5分
●JR「北新地駅」より徒歩 約5分
●阪急「梅田駅」より徒歩 約9分
●阪神「梅田駅」より徒歩 約4分
●地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩 約5分

・研究会参加について
研究会への参加は無料です。ただし、学会員以外の方については、参加費500円を受付にてお支払いください。会場準備の関係上、ご参加になる方は前もって事務局または担当(山花 メールアドレスyama_egyアットマークhum.u-tokai.ac.jp)へご連絡いただきますよう、お願いいたします。

以上

皆様ふるってご参加下さいる

研究企画委員 関西研究会企画 吉田淳一 島田守

/////////
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会
このブログについて ☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆
/////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »