« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月13日 (土)

8/26(金) 都庭園美術館「皇帝の愛したガラス展」 講演会(特典付)

「皇帝の愛したガラス展」 講演会のお知らせ(日本ガラス工芸学会会員特典つき)のおしらせ

現在東京都庭園美術館で開催されている「皇帝の愛したガラス」

同展関連し、下記のスケジュールで水田順子氏(本学会理事)による講演会が行われます。

記念講演会 「珠玉のガラス芸術―国立エルミタージュ美術館からの贈り物」
講師:水田順子 (北海道立近代美術館 学芸部長)
会場:目黒雅叙園 (JR目黒駅西口より徒歩3分)
日時:8月26日(金) 午後2時~3時30分(開場1時30分)

一般の方々には展覧会チケット付1000円で申し込みを受け付けているそうですが、本学会会員に限り、
事前にお申し込みいただくことで、当日無料で講演会に参加でき、
展覧会入場チケットも頂戴できます。
(チケットは会期中有効ですが、講演会に参加された方のみに限定させていただきます)

講演会参加ご希望の会員は8月23日までに下記学会事務局に
お申し込み下さい。事前にお名前をご登録いただかないと
当日無料での受付ができませんので、ご留意下さいませ。

glassアットマークbp.iij4u.or.jp
※メールにてお申し込みの際は、アドレスのアットーマークを半角@に変換ください。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

9/10(土)第23回 日本ガラス工芸学会・研究会〔大阪〕のご案内

日本ガラス工芸学会 23回 日本ガラス工芸学会・研究会〔大阪〕のご案内

蒸し暑い日々が続いておりますが、日本ガラス工芸学会会員の皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
恒例となりました、研究会を下記の要領で開催したいと思います。皆様ふるってご参加いただけますよう、お願い申し上げます。

日本ガラス工芸学会・研究会〔大阪〕のご案内

日時:2011910日(土)

開場 13:00
発表(質疑応答含む)
13301500
「大阪北浜船場地区近代建築のステンドグラス調査報告-生駒時計店のステンドグラス」
発表者 吉田淳一
大阪市北浜船場地区に今も残る戦前の近代建築には、それに付随する窓を飾るステンドグラスがいくつか存在します。その中でも、昭和5年に建てられた生駒時計店のビルは、建物の内外にアール・デコ様式の装飾が随所に施され、現在も当時の面影を残しています。ステンドグラスは、現在では当時の位置からは改変されていますが、オリジナルのオパ-ルセント・グラスがすべて残っています。今回の報告では、建築当初から現在への変遷とオリジナル位置への復元を試みてみます。
15151645
「2010年度におけるレバノン出土ガラスとその出土状況」(仮題)
発表者 島田守

場所:大阪駅前第3ビル19
大阪産業大学 梅田サテライトキャンパス レクチャールームB
map

〔交通〕
●JR「大阪駅」より徒歩 約15分
●JR「北新地駅」より徒歩 約10分
●阪急「梅田駅」より徒歩 約15分
●阪神「梅田駅」より徒歩 約10分
●地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩 約10分

〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル19F
TEL: 06(6442)5522 FAX: 06(6442)5524

研究会参加について:
会員の皆様の研究会へのご参加は無料です。非会員の方々の参加については、参加費500円を頂戴いたします。

会場の椅子準備の関係上、ご参加になる方は前もって事務局へFAXまたは
担当(吉田 メールアドレス
yoshidaアットマークdd.osaka-sandai.ac.jp)へご連絡いただけますよう、お願いいたします。

懇親会について:
研究会の後には懇親会を予定しています。お一人の予算は5000円です。
懇親会に参加ご希望の方は事務局か、上記のメールアドレスに9月1日〔金〕までにご連絡ください。

以上

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

関西研究企画 吉田淳一
研究企画委員 山花京子(yama_egyアットマークhum.u-tokai.ac.jp

※メールにてお申し込みの際は、アドレスのアットーマークを半角@に変換ください。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org


このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第5回現代ガラス展in山陽小野田」のご案内 応募締切2012/4/6

「第5回現代ガラス展in山陽小野田」のご案内

来年平成24年に開催される第5回現代ガラス展in山陽小野田ついて、応募要項・展覧会日程などが発表されています。

当、日本ガラス工芸学会も後援したします。
詳しくは下記ホームページをご覧下さい。

 山口県山陽小野田市公式ホームページ -第5回現代ガラス展を開催します

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/8~8/14時代劇専門チャンネル 時代劇おもしろ雑学「虎之巻」「江戸切子」放送

CS放送の時代劇専門チャンネルで「江戸切子」をテーマにしたミニ番組が放送されています。

時代劇専門チャンネルの時代劇おもしろ雑学「虎之巻」は、
「知っていれば時代劇がもっと楽しくなるおもしろ知識満載の知的教養番組」(番組サイトより)の10分番組です。

8月第2週の放送第97話のテーマは、江戸切子。

当学会の井上暁子会長、
サントリー美術館と学芸員の土田氏、
江戸切子の第一人者小林硝子工芸所の小林淑郎氏とご子息
の各会員が出演されれています。

番組の司会はタレントのはしのえみさん。解説は時代劇プロデューサーの能村庸一氏。

放送は繰り返し放送で
2011年08月08日(月) 21:50~ 26:50~
2011年08月10日(水) 12:50~ 19:50~ 28:40~
2011年08月12日(金) 05:50~ 10:50~ 16:50~
2011年08月13日(土) 06:50~ 28:40~
2011年08月14日(日) 08:50~ 14:50~
と予告されています。

詳細は番組サイトでご覧ください。時代劇専門チャンネル 時代劇おもしろ雑学「虎之巻」「江戸切子」

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

2012/9/17~ 第19回 国際ガラス学会のご案内

第19回 国際ガラス学会のご案内

(Congress of the Association Internationale pour l'Histoire du Verre)

第19回 国際ガラス学会のご案内が、来年2012年9月17日~21日スロヴェニアで開催されます。
22日から23日まではポストコングレスツアーが行われます。


参加方法、内容等の詳細をご希望の方は、学会へメールにてお問い合わせください。
お問い合わせ先は、
kzmizaaz(アットマーク)rmail.plala.or.jp です。
※(アットーマーク)ほ半角@に変換ください。おって、添付書類にて概要をお送りします。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

8/2-8/21 芸大美術館「今、美術の力で —被災地美術館所蔵作品から-」

本日から東京上野の東京芸術大学の大学美術館では

「今、美術の力で —被災地美術館所蔵作品から-」

が開催されます。

「今回の展覧会では、被災地美術館の所蔵品から、この度の震災およびかつての震災や原発事故に関連する作品や、復興を支えるような表現をもった地元ゆかりの作家による作品などが選抜されています。」・・・美術館サイトより

同展に郡山市立美術館より放射線遮蔽ガラスを用いた故・佐藤潤四郎氏の作品2点が出品されます。

会期:
2011年8月2日(火)- 8月21日(日)月曜休館
午前10時―午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場:
東京藝術大学大学美術館 展示室1,2

観覧料:
無料 ∗ 会期中、募金箱を設置。

詳細は美術館ホームページへhttp://www.geidai.ac.jp/museum/

当情報は、会員の郡山市立美術館 鈴木誠一様から頂きました。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP
日本ガラス工芸学会 j-glass.org


このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »