« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

研究企画委員会より「エジプト展関連企画延期のお知らせ」

「エジプト展関連企画延期のお知らせ」(研究企画委員会)

2012年度行事予定として告知しておりました、エジプト展関連企画の研究会につきましては、
諸般の事情により延期させていただきます。

再開予定につきましては、学会HPとメールあるいは文書の郵送などでご連絡差し上げる所存です。

以上、ご報告申し上げます。宜しくお願い申し上げます。

 

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org


このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

9/8(土)第26回 日本ガラス工芸学会・研究会〔大阪〕のご案内

蒸し暑い日々が続いておりますが、日本ガラス工芸学会会員の皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
恒例となりました、研究会を下記の要領で開催したいと思います。皆様ふるってご参加いただけますよう、お願い申し上げます。

日本ガラス工芸学会・研究会〔大阪〕のご案内

日時 2012年9月8日(土) 13:00-18:00
会場 12:45
発表 (質疑応答含む)
13:00-14:30
「大阪北浜船場地区近代建築のステンドグラス調査報告 -大阪市立開平小学校(旧集英小学校、旧愛日小学校)」
発表者 吉田淳一

14:40-16:10
「トルコ・ギョレジェのガラス工房」
発表者 島田守

16:20-17:50
「岡山市立オリエント美術館所蔵ガラスの化学分析調査報告 -ガラス様式と組成の特徴」
発表者 加藤慎啓

第26回 日本ガラス工芸学会・研究会〔大阪〕のご案内第26回 日本ガラス工芸学会・研究会〔大阪〕のご案内第26回 日本ガラス工芸学会・研究会〔大阪〕のご案内

場所:大阪駅前第3ビル19
大阪産業大学 梅田サテライトキャンパス レクチャールームB

map

〔交通〕
●JR「大阪駅」より徒歩 約15分
●JR「北新地駅」より徒歩 約10分
●阪急「梅田駅」より徒歩 約15分
●阪神「梅田駅」より徒歩 約10分
●地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩 約10分

〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル19F
TEL: 06(6442)5522 FAX: 06(6442)5524

研究会参加について:
会員の皆様の研究会へのご参加は無料です。非会員の方々の参加については、参加費500円を頂戴いたします。

会場の椅子準備の関係上、ご参加になる方は前もって事務局へFAXまたは
担当(吉田 メールアドレス
yoshidaアットマークedd.osaka-sandai.ac.jp)へご連絡いただけますよう、お願いいたします。

懇親会について:
研究会の後には懇親会を予定しています。お一人の予算は5000円です。
懇親会に参加ご希望の方は事務局か、上記のメールアドレスに9月1日〔土〕までにご連絡ください。

以上

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

関西研究企画 吉田淳一
研究企画委員 山花京子(yama_egyアットマークhum.u-tokai.ac.jp

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org


このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/27-10/28 日本ガラス工芸学会「みちのくのガラス工房を訪ねる旅」のご案内

会員各位
残暑の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
日本ガラス工芸学会恒例の見学旅行のご案内を申し上げます。
本年は「みちのくのガラス工房を訪ねる旅」と題しまして、仙台秋保温泉近郊在住のガラス作家(村山耕二氏と鍋田尚氏)の工房を見学いたします。
秋がもっとも美しいと言われる秋保温泉郷の紅葉を愛でながら村山氏と鍋田氏の制作風景を見学できるまたとない機会です。
皆様ふるってご参加ください。

日本ガラス工芸学会「みちのくのガラス工房を訪ねる旅」日本ガラス工芸学会「みちのくのガラス工房を訪ねる旅」

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org


このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラス ニュースニュースレター第14号を発行しました。

日本ガラス工芸学会会報誌 Glass Newsletter 第14号発行しました。

日本ガラス工芸学会会報誌 Glass Newsletter 第14号発行しました。

内容は、
・第37回総会報告
・総会シンポジウム「平等院の瑠璃 -1000年の時を経て」
・総会基調講演 神居文彰「平等院ガラスの発見とその意義」
・年会1 白瀧 小田コレクションの分析による日本古代ガラスの考古学的研究
・年会2 志村 川崎市におけるガラスシティ・プロジェクト
・年会3 阿部 古代エジプト及び西アジア地域におけるコバルト着色ガラスの利用と変遷
・小林 「興亜硝子見学会」に参加して
・吉田 フィールドワークノート
・池田 フランスに開館した待望の「ラリック美術館」
・展覧会紹介 「江戸硝子かんざし関雪の草稿」
・展覧会紹介 「幻の技法 パート・ド・ヴェールに息づく樋口主明・樋口真一展」
・展覧会紹介 「933,130人という驚異の来場者「ツタンカーメン」展」
・遺物紹介 田村 宇津久志1号古墳金層珠
・本の紹介1 「ガラスが語る古代東アジア」
・本の紹介2 「アートなガラスの材料学」
・本の紹介3 「二人で訪ねた国宝建築物」
・新入会員一覧


となっております。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org


このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/4-9/9 代官山 第12回「‘12日本のガラス展 創立40周年 -紡がれた現代ガラス-_

第12回「‘12日本のガラス展 創立40周年ー紡がれた現代ガラス」

第12回「‘12日本のガラス展 創立40周年ー紡がれた現代ガラス」 第12回「‘12日本のガラス展 創立40周年ー紡がれた現代ガラス」

日本ガラス工芸協会さんの日本のガラス展、第12回は代官山にて行われます。

◆日程 2012年9月4日(火)~9月9日(日) 11:00~19:00(金曜日は20:00まで、最終日は17:00終了)

◆会場 代官山ヒルサイドフォーラム ヒルサイドテラスA棟ギャラリー 最寄駅・東急東横線代官山駅下車 徒歩3分
http://www.hillsideterrace.com/

◆入場料 400円(中学生以下無料)

◆問合せ 日本ガラス工芸協会 TEL 03-3947-1333 http://www.jgaa.net/

展示は下記の日程で3か所の巡回が予定されています。

西伊豆巡回展
会期 2012年9月29日(土)~2013年4月10日(水)
会場 黄金崎クリスタルパーク・ガラスミュージアム

石川巡回展
会期 2013年4月20日(土)~9月1日(日)
会場 石川県能登島ガラス美術館

三重巡回展
会期 2013年9月5日(木)~9月30日(月)
会場 パラミタミュージアム

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org


このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »