« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月21日 (木)

3/21-27『まとう彫刻』glass jewelry展 恵比寿

3/21-27『まとう彫刻』glass jewelry展 恵比寿3/21-27『まとう彫刻』glass jewelry展 恵比寿

会員の奥野美果さんはじめ14名のガラス作家による
『まとう彫刻』glass jewelry展
が、恵比寿のギャラリー空箱にて、
3/21(木)から27(水)の日程で開催されます。

サイトより
14名のガラスアーティストのセンスがつまった特別なジュエリーが集まります。
井上剛×奥野美果×春日友希×小島由香子×佐野景子×高野恵×田子美紀×十川賀奈子×涙ガラス製作所×広垣彩子×藤田恵美×古木晶子×松下高文×光島和子
2013.3.21thu - 3.27wed 12:00 - 19:00(最終日:17:00まで)

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

(更新)2/9(土) 2012年度 年会開催されました。

日本ガラス工業センター日本ガラス工芸学会 2012年度 年会が開催されました。

 2/19写真追記

寒冷の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。


日本ガラス工芸学会では、2013年2月9日(土)に恒例の年会を開催いたしました。

 

日時:2013年2月9日(土)
開場 13:00
発表時間 13:30~17:00 (質疑応答、休憩含む)
場所:日本硝子製品工業会 地下会議室
〒169-0073 東京都新宿区百人町3-21-16 日本ガラス工業センター
最寄駅 JR新大久保 徒歩5分

!cid_D2C47A4406544CF9AC017073EA78731E@akikoPC

発表者と要旨

小寺智津子
「魏晋南北朝のガラス器にみる中国社会の様相と東西交流(仮題)」13:30~
魏晋南北朝時代は、それまでの漢代のガラス製品の様相から大きく変化し、多数の西方製のガラス器がもたらされる。ガラス器の搬入という社会現象の背景には、魏晋南北朝社会のどのような側面が反映されているのかを考察する。またこれまで一括して語られることが多かった魏晋南北朝のガラス器について、中国内の出土地域に見られるガラス器の特徴の違いを明らかにし、魏晋南北朝の社会分析と併せて、その搬入ルートについて考察を行う。

小寺智津子 「魏晋南北朝のガラス器にみる中国社会の様相と東西交流(仮題)」小寺智津子 「魏晋南北朝のガラス器にみる中国社会の様相と東西交流(仮題)」

中村彩奈
「古代西アジアにおける黄色ガラス・ファイアンスの組成変遷と製法の解明」14:40~
“ネイプルイエロー”とも呼ばれる人工黄色顔料のアンチモン酸鉛 Pb2Sb2O7 は、ルネッサンスの絵画顔料として利用されていたことが知られている。しかしアンチモン酸鉛そのものは、顔料として利用されるよりはるか以前の紀元前16世紀頃からエジプトや西アジア地域でガラスやファイアンスの黄色着色剤に使用されていた。本研究では可搬型の装置を遺跡や美術館に持ち込み、化学分析による古代黄色製品の特性化を行うことでその組成的変遷を追うと共に、合成黄色ガラス・顔料の再現実験と最先端の分析技術を用いて、古代黄色ガラス製法の謎に迫る。

中村彩奈 「古代西アジアにおける黄色ガラス・ファイアンスの組成変遷と製法の解明」中村彩奈 「古代西アジアにおける黄色ガラス・ファイアンスの組成変遷と製法の解明」

中井 泉・井上曉子
「国宝法華堂本尊宝冠のガラスの科学調査」15:50~
東大寺法華堂本尊不空羂索観音の宝冠は、ガラス玉を主体に1万数千個の宝玉類で装飾された奈良時代のガラス工芸品の最高傑作とされる貴重な遺品である。修理に伴い東大寺ミュージアムに保管されているこの宝冠を、昨年から今年にかけて、東京理科大学と井上曉子との共同研究として、ポータブル蛍光X線分析装置等で化学組成分析および観察を行う機会に恵まれた。奈良時代に製作されたと考えられるガラス玉以外にも、より古い時代に日本にもたらされたのと同じタイプのガラス玉が含まれていることが判明するなど、たいへん興味深い結果が得られた調査について紹介したい。

中井 泉・井上曉子 「国宝法華堂本尊宝冠のガラスの科学調査」中井 泉・井上曉子 「国宝法華堂本尊宝冠のガラスの科学調査」

参加ご希望の方は座席準備の都合上、2月2日までにあらかじめご一報ください。
メールでご連絡の場合は研究企画 山花京子(yama_egyアットマークhum.u-tokai.ac.jp ※)へご連絡をお願いします。
FAXをご利用の方は申し込み票を事務局へお送りください。
なお、非会員の方は参加費(資料代を含む)500円を申し受けます。皆様ふるってご参加ください。

研究企画委員一同

※迷惑メール対策のため、山花先生のアドレスをアットマークと日本語化しています。
送信の際は半角 @ に直してご送信下さい。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

3/2(土)・3(日)第25回江戸切子新作展 亀戸

江東区亀戸にて「第25回江戸切子新作展」が開催されます。3/2・3の土日。

3/2(土)・3(日)第25回江戸切子新作展 亀戸

ガラス工芸学会には、小林・清水・堀口と三名の江戸切子の方が参加されております。
新作コンテストでは、小林氏が審査員、堀口氏は出品されているとのことです。

コンテスト作品展示や江戸切子の製造方法展示に加え
江戸切子の体験(一般1000円。18歳以下無料)のほか、販売が予定されています。

日時 平成25年3月2日(土)・3日(日) 午前10時~午後5時
会場 カメリアプラザ 9F ビジネスホール 〒136-0071 東京都江東区亀戸2-19-1
サイト
http://www.edokiriko.or.jp/

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/5(火)~10(日)GlassAppeal 2013 目黒美術館・区民ギャラリー

3/5(火)~10(日)GlassAppeal 2013  目黒美術館・区民ギャラリー

GlassAppeal 2013

ガラス作家有志16名が展示するガラス作品展覧会です。それぞれの思い、表現、技法をお楽しみください。

会員のガラス造形作家奥野美果さんも参加されるガラス展
GlassAppeal 2013が、目黒美術館・区民ギャラリーにて開催されます。

会期 2013年 3月5日(火)~10日(日)
時間 10:00~18:00(初日は13:00より・最終日は16:00まで)
場所 目黒美術館・区民ギャラリー
〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36 tel.03-3714-1201 fax.03-3715-9328
http://mmat.jp/information/index.html

3/5(火)~10(日)GlassAppeal 2013  目黒美術館・区民ギャラリー

 

GlassAppeal 2013  目黒美術館・区民ギャラリー 出品者
GlassAppeal 2013  目黒美術館・区民ギャラリー 出品者

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »