« 7/19(金)PM7:30-8 NHK美の壺 「涼のガラス」 | トップページ | <会員限定>先着 「Drinking Glass 酒器のある情景」展招待券進呈 »

2013年7月21日 (日)

7/20(土)21(日)岡山市立オリエント美術館『古代ガラス-色彩の饗宴』展見学とフォーラム参加の旅

7/21(日)更新 2013年度岡山見学旅行が開催されました。美術館・フォーラムの様子を掲載しました。

岡山市立オリエント美術館『古代ガラス-色彩の饗宴』展見学とフォーラム参加の旅

岡山市立オリエント美術館『古代ガラス-色彩の饗宴』

日本ガラス工芸学会会員各位

梅雨の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、日本ガラス工芸学会では来る7月20日(土)と21日(日)岡山市立オリエント美術館にて開催中される「古代ガラス-色彩の饗宴-」展(7月6日~9月1日)の見学会と翌日21日(日)開催のフォーラム「古代ガラス-色彩の饗宴」への参加を企画しました。

「古代ガラス -色彩の饗宴-」展

今から4500年ほど昔、北メソポタミアで生み出された人工の物質・ガラスは、なめらかな質感と透明な美しさで人類を魅了し続けてきました。

砂漠が広がり、色彩的刺激に乏しいオリエント世界では青や緑、赤色の色石を用いた装飾品が好まれました。初期のグラスはラピスラズリの紺碧、トルコ石の青緑、カーネリアンの深紅、アメジストの赤紫など、色石の色彩を再現しようとしています。また大理石や縞瑪瑙の作り出す独自の縞文様を再現しようとしたものもあり、まさに人工の貴石として珍重されていたようです。さらに高速化していった技術は、モザイクガラスやゴールドサンドイッチガラスなど、天然石を越えた人工の美を生み出しました。

本展では大英博物館が所蔵する世界的名宝と国内の優れたガラスコレクションから、ガラスが貴石と同等の価値を持っていた時代の秘められた美意識を読みといていきます。貴石への憧れを超え、ガラスの特性を巧みに利用し新しい美の世界が創造されていく課程を、どうぞご堪能下さい。

展示会HPより抜粋
皆様ふるってお出かけください。

【日程詳細】

20日(土)
13時~14時半 中井泉(東京理科大学)講演「ガラスの魅力を科学する」
15時~17時 展示会見学(展示会に携わった会員によるスポット解説あり)

21日(日)
13時半~17時頃
フォーラム「古代ガラス-色彩の饗宴」
フォーラム参加者
谷一尚(本展示会監修者)
松島巌(ガラス作家)
迫田岳臣(倉敷芸術科学大学技術員・ガラス作家)
並木秀俊(東京藝術大学助教・截金研究者)
東容子(MIHO MUSEUM 学芸員)
司会 四角隆二(岡山市立オリエント美術館)・山花京子(東海大学)

岡山市立オリエント美術館『古代ガラス-色彩の饗宴』 フォーラム「古代ガラス-色彩の饗宴」 の様子

【会場】
岡山市立オリエント美術館
〒700-0814 岡山市北区天神町9-31
TEL : 086-232-3636 FAX : 086-232-5342
E-MAIL : orient@city.okayama.jp
地図はコチラから→ http://www.orientmuseum.jp/page02.php#num02
●JR
岡山駅東口より路面電車「東山」行きで約5分、「城下(しろした)」下車、左手すぐ
●JR岡山駅東口より徒歩15分。※美術館には来館者用駐車場はありませんが、
市営天神町駐車場をご利用の場合は、美術館受付にて、割引券(1台1回につき100円)を交付します。

【展示会料金等】
・20日(土)の中井泉氏講演会の入場には聴講料金500円が必要です。
なお、同日開催の展示会見学について、展示会会場への入場は学会員に限って無料となりますので、入場の際に日本ガラス工芸学会会員である旨お伝えください。
なお、ご同行の非会員の方は特別展示会入場料1000円を申し受けます。

・21日(日)のフォーラム聴講におきましては聴講料金500円となっておりますが、当学会会員に限り聴講料を学会が負担いたします。
なお、ご同行の非会員の方は聴講料500円を受付にお支払いください。

【宿泊案内】
岡山市立オリエント美術館はJR岡山駅近くにあります。
宿泊施設はJR岡山駅周辺や美術館周辺にたくさんございますので、宿の予約は各位でお願いいたします。

【お問い合わせおよび連絡先】
メール:yama_egyアットマークhum.u-tokai.ac.jp
携帯電話:山花まで

【参加申し込みについて】
参加申込みは7月13日までにメールにて研究企画の山花あてyama_egyアットマークhum.u-tokai.ac.jpへお送りいただくか、ご案内同封の参加申込書にご記入の上、ファックス(Fax 03-3700-9140)で事務局までお送りください。

※迷惑メール対策のため、メールアドレスをアットマークと日本語化しています。
送信の際は半角 @ に直してご送信下さい。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

|

« 7/19(金)PM7:30-8 NHK美の壺 「涼のガラス」 | トップページ | <会員限定>先着 「Drinking Glass 酒器のある情景」展招待券進呈 »

行事・イベント」カテゴリの記事

ニュース・トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/20(土)21(日)岡山市立オリエント美術館『古代ガラス-色彩の饗宴』展見学とフォーラム参加の旅:

« 7/19(金)PM7:30-8 NHK美の壺 「涼のガラス」 | トップページ | <会員限定>先着 「Drinking Glass 酒器のある情景」展招待券進呈 »