« 会報誌 Glass Newsletter 第16号発行 | トップページ | 11/5~12/14 『古代文化財の謎をとく』X線で見えてくる昔のこと 東京理科大 »

2013年10月19日 (土)

~11/4(月・祝) 「REFLECTION  ―東京藝術大学ガラス造形研究室展―」 上野

上野・東京藝術大学藝大アートプラザでは、同大の大学院ガラス造形講座による
「REFLECTION ―東京藝術大学ガラス造形研究室展―」
が開幕しました。

同講座教員・生徒他32名による展示です。

「多様な顔を持ったガラス素材を、様々な経験と個性を持った作家達が、その特性を生かしながら、その思いを形に込めて制作した作品の数々は、一つとして同じ物のない、豊かな世界を作っていると思います。
ガラス造形研究室の展示も、会を重ねるごとに参加作家も増えてきています。ひとつ一つの作品が、皆様の世界を少しでも豊かに広げて行くことを楽しみに、本年も「REFLECTION‐ガラス造形研究室展」を開催たします。御高覧を賜り、またご指導ご鞭撻を頂ければ幸いです。」
案内ページより引用

11/4(月・祝)まで。

詳細は、こちらをご覧ください
東京藝術大学 おしらせ 「REFLECTION ―東京藝術大学ガラス造形研究室展―」の開催について

同 組織・附属施設等 藝大アートプラザ

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

|

« 会報誌 Glass Newsletter 第16号発行 | トップページ | 11/5~12/14 『古代文化財の謎をとく』X線で見えてくる昔のこと 東京理科大 »

ニュース・トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ~11/4(月・祝) 「REFLECTION  ―東京藝術大学ガラス造形研究室展―」 上野:

« 会報誌 Glass Newsletter 第16号発行 | トップページ | 11/5~12/14 『古代文化財の謎をとく』X線で見えてくる昔のこと 東京理科大 »