« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

11/5~12/14 『古代文化財の謎をとく』X線で見えてくる昔のこと 東京理科大

神楽坂の東京理科大学近代科学資料館では、11/5(火)より

『古代文化財の謎をとく』―X線で見えてくる昔のこと―

か開催されます。

当学会会長の中井泉先生の中井研究室岡山市立オリエント美術館などが協力されます。

『古代文化財の謎をとく』―X線で見えてくる昔のこと―

同展は、
「遺跡からの出土遺物など貴重な文化財を壊さずに分析する方法として、
非破壊X線分析による化学分析があります。
(中略)
今回は特に「古代ガラス」に注目し、見た目、表面からではわからない
内部の隠れた謎を読み解く分析化学的研究について理解を深めるために企画展を開催します」

サイトより

『古代文化財の謎をとく』―X線で見えてくる昔のこと―

東京理科大学で開催される
11/16(土)開催 第29回日本ガラス工芸学会・研究会[東京]
では、研究発表後、こちらの見学会も予定しています。研究会、ふるってご参加ください。

東京理科大学近代科学資料館
〒162-8601 東京都新宿区神楽坂 1-3
開館日 (休館日は日・月・祝日及び大学の休業日)
開館時間 10:00 ~ 16:00
入館料 無料

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

~11/4(月・祝) 「REFLECTION  ―東京藝術大学ガラス造形研究室展―」 上野

上野・東京藝術大学藝大アートプラザでは、同大の大学院ガラス造形講座による
「REFLECTION ―東京藝術大学ガラス造形研究室展―」
が開幕しました。

同講座教員・生徒他32名による展示です。

「多様な顔を持ったガラス素材を、様々な経験と個性を持った作家達が、その特性を生かしながら、その思いを形に込めて制作した作品の数々は、一つとして同じ物のない、豊かな世界を作っていると思います。
ガラス造形研究室の展示も、会を重ねるごとに参加作家も増えてきています。ひとつ一つの作品が、皆様の世界を少しでも豊かに広げて行くことを楽しみに、本年も「REFLECTION‐ガラス造形研究室展」を開催たします。御高覧を賜り、またご指導ご鞭撻を頂ければ幸いです。」
案内ページより引用

11/4(月・祝)まで。

詳細は、こちらをご覧ください
東京藝術大学 おしらせ 「REFLECTION ―東京藝術大学ガラス造形研究室展―」の開催について

同 組織・附属施設等 藝大アートプラザ

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

会報誌 Glass Newsletter 第16号発行

日本ガラス工芸学会会報誌 Glass Newsletter 第16号を発行。
会員の皆様へご送付いたしました。

会報誌 Glass Newsletter 第16号発行

◆日本ガラス工芸学会 会報誌 Glass Newsletter 第16号

目次
・第38回総会報告
・総会講演会
・第27回研究会(東京)報告
①文祢麻呂骨蔵器の造形的特質ならびに製作背景
②有線七宝とパート・ド・ヴェールの融合
・岡山見学旅行 
・江戸切子体験と見学会
・岡山見学旅行講演 「ガラスの魅力を科学する」
・紀行「萩ガラス・琉球ガラスを訪ねて」
・本の紹介
「Fire and Sand: Ancient Glass in the Collection of the Princeton University Art Museum」
「BIBLIOGRAPHY OF GLASS. From the Earliest Times to the Present. 」

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/2(土)サントリー美術館見学会のお知らせ

日本ガラス工芸学会
サントリー美術館見学会のお知らせ

会員各位
現在サントリー美術館で開催されている「Drinking Glass―酒器のある情景 サントリー美術館」展(2013年9月11日~11月10日)について、同美術館のご厚意により、11月2日(土)に自主見学会を催行いたします。

※関連記事 9/11-11/10 サントリー美術館 「Drinking Glass ―― 酒器のある情景」展

お申込みいただいた会員のうち先着30名に美術館入口で無料招待券をお渡しします。
当日は14時からスライドレクチャー「見どころトーク」(学芸員による展示解説)が6階ホールで開催されますので、各自ご自由に見学とレクチャーにご参加いただく企画です。
下記要領でお申し込みの上、ふるってご参加ください。

日本ガラス工芸学会 11/2(土)サントリー美術館見学会のお知らせ

1 FAXで、またはメールで事務局宛に10月20日までにお申し込みください。
2 10月20日以前でも申し込みが30名になり次第締め切ります。締切以降に申し込まれた場合は事務局からその旨をご連絡しますので、ご容赦ください。
3 参加受付となった会員には別途事務局から連絡の確認をいたします。
4 招待券配布場所及び時間
2013年11月2日(土)13時~13時45分
サントリー美術館受付スペース内に、日本ガラス工芸学会受付スペースを設けます。

ご注意:スライドレクチャーは一般のお客様と併せて100席ほど用意が有りますが、ご着席いただけるのは先着順ですのでご留意ください。

 

日本ガラス工芸学会 11/2(土)サントリー美術館見学会のお知らせ

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/26(土)東海大学所蔵の古代エジプトコレクションを通して「文明」について考える 三鷹

会員の山花京子先生(東海大学文学部・特任准教授)が、
10/26(土)に三鷹の東海大学望星学塾で開催される講座に登壇されます。

テーマは
東海大学所蔵の古代エジプトコレクションを通して「文明」について考える」

10/26(土)東海大学所蔵の古代エジプトコレクションを通して「文明」について考える 三鷹

講座の方はどなたでも参加可能とのことです。

第369回望星講座
「東海大学所蔵の古代エジプトコレクションを通して「文明」について考える」
東海大学は古代エジプトおよび古代中近東の考古学遺物を約5000点所蔵しています。古代エジプト人は彼らの作り出した物(遺物)を通して現代に生きるわれわれに何を語りかけてくれるのでしょうか。本講座では、東海大学所蔵のエジプトコレクションの遺物に実際に触れながら、彼らの作り出した「文化」や「古代エジプト文明」について考えてみたいと思います。

日時 2013年10月26日(土)14:00-15:30
会場整理費 500円

詳細・ちらしは、東海大学望星学塾に掲載されています。こちら。
東海大学創立者松前重義博士生誕記念講座 【演題】「東海大学所蔵の古代エジプトコレクションを通して「文明」について考える」

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~11/24 森と湖の国 フィンランド・デザイン展 北海道近美

当学会が後援しております

「森と湖の国 フィンランド・デザイン」展が只今、北海道近代美術館に巡回。
特別展として開催されています。

11/24(日)まで。

詳細はこちら
北海道近代美術館 特別展 「STV創立55周年記念 森と湖の国フィンランド・デザイン」
森と湖の国 フィンランド・デザイン公式サイト STVラジオ

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »