« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年12月

2013年12月25日 (水)

「SPring-8を使った古代美術品分析」 東京理科大中井先生・岡山市立オリエント美術館他

「SPring-8の高エネルギーX線を生かし、非破壊でガラス工芸品の分析を行う手法を開発しました。
これによって貴重な考古学資料や美術品を壊すことなく計測することが可能となり、
今後の古代ガラスに関する文化的研究への応用が期待されます。」
リリースより

 

当学会会長の東京理科大学中井泉先生と同大阿部善也助教、
そして岡山市立オリエント美術館公益財団法人高輝度光科学研究センターのグループが、
大型放射光施設SPring-8を使った新しい研究結果の発表を本日12/18にされました。

詳細はこちらのリリースをご覧ください。

SPring-8を使った古代美術品分析 ササンガラスの起源解明に期待(プレスリリース) — SPring-8 Web Site 

 

12/25更新 関連サイト・記事
12/18 オリエン太の美術館日記 [記者発表:SPring-8を利用したササンガラスの分析]
12/18 NHK岡山放送局 ガラス非破壊で年代推定(動画有)
12/19
産経新聞地方 「スプリング8」で分析 ガラス器の年代特定 オリエント美術館 岡山
12/19 毎日新聞 古代のガラス:傷つけずにX線で年代推定…世界初
12/25 東京理科大学 本学教員と岡山市立オリエント美術館などによる「古代ガラスの非破壊調査」について新聞各紙が紹介

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

[更新]12/14(土)第30回日本ガラス工芸学会・研究会[東京] 上野芸大

※12/20 発表の様子を更新しました

日本ガラス工芸学会・東京藝術大学ガラス造形研究室(共催)
30回 日本ガラス工芸学会・研究会〔東京〕のご案内

12/14(土)第30回日本ガラス工芸学会・研究会[東京] 上野芸大

晩秋の候、日本ガラス工芸学会会員の皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
恒例となりました、研究会を下記の要領で開催したいと思います。
皆様ふるってご参加いただけますよう、お願い申し上げます。

日時:2013年12月14日(土)
開場 14:00

発表(質疑応答含む)

14301600ガラスの表現
発表者 鍋田尚男

12/14(土)第30回日本ガラス工芸学会・研究会[東京]14:30~16:00「ガラスの表現」

clip_image002
色鮮やかで雅な日本の美しさに思いを馳せながら「ガラスの表現」について考え制作しています。
モチーフとなるのは伝統文化である着物の文様や色合いです。日本人ならではのガラス作品を制作できればと願っています。
作品画像はもちろん、技法や工房周辺の風景 を織り交ぜながら、ガラスを通して感じる事、 体感した事をスライドショーとしてお話出来ればと思っております。

12/14(土)第30回日本ガラス工芸学会・研究会[東京]14:30~16:00「ガラスの表現」

休憩 15分

16151745「(仮)東京スカイツリーのガラス装飾活用に付いて」
発表者 清水祐一郎・井上剛

12/14(土)第30回日本ガラス工芸学会・研究会[東京]16:15~17:45「(仮)東京スカイツリーのガラス装飾活用に付いて」 発表者 清水祐一郎・井上剛

昨年5月にオープンした東京スカイツリー。その内装には各種工芸が様々な個所で用いられています。
発表者はいずれもそのうちガラス装飾に関わりました。
今回は、この話題のスポットにおけるデザイン・建築を通じたガラスの活用を中心に、その事例紹介をさせて頂こうと思います。
学術的な研究発表ではありませんが、ガラスの多様な使い方・組合せの例として、また実際にスカイツリーに見に行く楽しみを増やして頂ければと思います。

場所:東京藝術大学 上野校舎 美術学部(地図の左側)第3講義室

東京藝術大学 上野校舎 美術学部 地図
この地図の
7番の建物です

京成線上野駅、東京メトロ日比谷線上野駅、東京メトロ銀座線上野駅より徒歩15分 駐車場無
所在地:〒110-8714東京都台東区上野公園12-8

地図⑫は美術館 地図下方が上野公園です

地図および経路の詳細は

http://www.geidai.ac.jp/access/ueno.html

研究会参加について:

会員の皆様の研究会へのご参加は無料です。非会員の方々の参加については、参加費500円を頂戴いたします。

会場の椅子準備の関係上、ご参加になる方は前もって事務局あるいは山花のメールアドレス yama_egy☆hum.u-tokai.ac.jp(☆を@へ変更してください)へご連絡いただけますよう、お願いいたします。

懇親会について:

研究会の後には忘年会を予定しています。お一人の予算は5000円です。忘年会に参加ご希望の方は事務局か、上記のメールアドレスに12月7日〔土〕までにご連絡ください。それ以降のキャンセルについては、実費をお支払いいただくことになりますが、悪しからずご了承願います。

以上

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

関東研究企画委員
藤原信幸
奥野美果
山花京子
事務局 井上暁子

***********************************

Fax送信用紙

日本ガラス工芸学会

事務局 気付 (Fax 03-3700-9140)

研究企画部門宛

2013年12月14日の研究会(関東)に参加いたします。

参加者氏名______________________________

参加者連絡先_____________________________

忘年会へは(参加します・参加しません)

通信欄:

以上

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

12/18(水)-25(水) 奥野美果 Glass work Sora展 表参道カラニス

会員で企画委員のガラス作家奥野美果さんの個展が12/18より表参道カラニスで開催されます。

個展「-sora-」

ガラスの中に広がる小宇宙
手のひらの中のガラスを覗くと
それぞれの 宙 -sora- が見える

あたたかくやわらかい表情のガラスに
オランダで出会った頃 ギャラリーカラニスが東京でオープンしました
そして それから20年 もっといろんな表情のガラスが見たくて 作品を作り続けてきました
これから どんな宙が生まれてくるのだろう
一緒にワクワクしてもらえたらと思います

12/18(水)-25(水) 奥野美果 Glass work Sora展 表参道カラニス

会期 2013年12月18日(水)~12月25日(水)
時間 午前10時から午後6時迄(最終日は午後5時)
会場 グラスギャラリーカラニス 〒107-0062 東京都港区南青山5-3-10 FROM1st 2F

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »