« 日本ガラス工芸学会誌「GLASS」58号 発行 | トップページ | 8/2-9/28 サントリー美 「プラハ国立美術工芸博物館所蔵 耀きの静と動 ボヘミアン・グラス」 »

2014年8月 1日 (金)

奈良・新沢千塚古墳群出土の切子碗分析が報道 理科大阿部助教

日本ガラス工芸学会会員の東京理科大学中井研究室の阿部善也助教他による
新沢千塚古墳群出土の切子ガラス椀の蛍光X線分析が共同通信により配信・報道されました。

ここでは、日本経済新聞webに紹介された記事をご紹介します。

奈良・古墳出土のガラス椀、ペルシャの高級品の可能性 7/25 日経

※追記
7/28東京理科大学サイトでも報告が掲載されました

本学教員らの蛍光エックス線分析に関する研究成果を日本経済新聞等が紹介

8/1朝日新聞で紹介されました

古墳のガラス碗、ペルシャ伝来でした 奈良・橿原で出土

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

|

« 日本ガラス工芸学会誌「GLASS」58号 発行 | トップページ | 8/2-9/28 サントリー美 「プラハ国立美術工芸博物館所蔵 耀きの静と動 ボヘミアン・グラス」 »

ニュース・トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良・新沢千塚古墳群出土の切子碗分析が報道 理科大阿部助教:

« 日本ガラス工芸学会誌「GLASS」58号 発行 | トップページ | 8/2-9/28 サントリー美 「プラハ国立美術工芸博物館所蔵 耀きの静と動 ボヘミアン・グラス」 »