« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月15日 (火)

[更新]3/10-17 第9回ガラス教育機関合同作品展 (GEN展) 上野・都美

 

第9回ガラス教育機関合同作品展 (GEN展)

第9回ガラス教育機関合同作品展 (GEN展) 2016/3/10-17

東京都美術館上野の東京都美術館では
3/10(木)から17日(木)まで 
全国でガラスの教育を行う各学校より学生の作品が一堂に会する
合同作品展「ガラス教育機関合同作品展」が上野の東京都美術館で開催。第9回。

第9回ガラス教育機関合同作品展 (GEN展)看板第9回ガラス教育機関合同作品展 (GEN展)看板

 

第9回 ガラス教育機関合同作品展

会場の様子

第9回ガラス教育機関合同作品展 (GEN展)ギャラリーAギャラリーA

第9回ガラス教育機関合同作品展 (GEN展)ギャラリーA第9回ガラス教育機関合同作品展 (GEN展)ギャラリーA

第9回ガラス教育機関合同作品展 (GEN展)ギャラリーBギャラリーB
第9回ガラス教育機関合同作品展 (GEN展)ギャラリーB第9回ガラス教育機関合同作品展 (GEN展)ギャラリーB

主催者メッセージ 開催のご挨拶
第9回ガラス教育機関合同作品展 開催のご挨拶

第9回ガラス教育機関合同作品展 (GEN展) 2016/3/10-17

日時 2016年3月10日(木)~3月17日(木) AM9:30~PM5:30 (入場はPM5:00まで) 
主催 ガラス教育機関合同作品展実行委員会 
会場 東京都美術館 ギャラリーA・B 
料金 入場無料

 

全国のガラスコースをもつガラス教育学校では、 
その連携組織としてGlass Educational Network (G.E.N. ガラス教育者ネットワーク)を構成しています。
教員・講師には、当会会員の方もいらっしゃいます。

GENについて
Glass Educational Network (G.E.N. ガラス教育者ネットワーク)

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2016年3月 3日 (木)

阿部 善也会員(東京理科大学助教) spring-8 研究者インタビュー掲載

「SPring-8 を活用し、様々な分野で最先端の研究を進める研究者を第3の視線でインタビュー。
普段は聞けない研究への思いや、研究の先に見据えている未来の姿などを伺います。」
サイトより引用

大型放射光施設(SPring-8)のYouTubeチャンネルのコーナー研究者インタビューにて、
会員の阿部善也さん(東京理科大学理学部応用化学科 助教)と、その研究が紹介される動画が本日公開されました。

インタビューを通じ、活用事例(新沢千塚古墳群出土のガラス分析)の紹介や取り組み、非破壊によるガラスの蛍光X線分析等が紹介された内容となっています。
ご紹介します。

こちら。フルハイビジョン画質有、4分半。

SPring−8で過去を見る 東京理科大学 理学部 応用化学科 阿部 善也 助教(spring8channel)

SPring−8で過去を見る 東京理科大学 理学部 応用化学科 阿部 善也 助教

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

3/5-6 第28回江戸切子新作展 藤原・井上両氏が審査員に

江戸切子新作展2016

江戸切子協同組合による新作展。

新作コンテストは本年、会員の藤原信幸さんと井上暁子さんが審査員として参加されました。
会員の小林淑郎さん(江戸切子小林)も同組合相談役として審査員の御一人です。

会員の堀口氏・大場氏は出品されています。
(ガラス工芸学会には、4名の江戸切子の方が参加されております。)

日時
平成28年3月5日(土)・6日(日) 午前10時~午後5時
会場
亀戸梅屋敷 亀戸4-18-8

詳細は江戸切子協同組合のサイト http://www.edokiriko.or.jp/

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2/23-3/31 平成記念美術館「7つの工芸と、7人の教授たち」展 藤原会員出品

7つの工芸と、7人の教授たち

「日本工芸界を担う、東京藝術大学の、教授・准教授による作品展

藝術界のトップを飾る、東京藝術大学の彫金、鍛金、鋳金、漆芸、陶芸、染織、ガラス工芸の7人の教授陣。
若い芸術家を育成する指導者であり、自身もアーティストとして世界で活躍しています。
7人の感性、異なる素材や技法による表現方法。様々な工芸作品の競演をお楽しみください。」

画像・解説共にサイトより


会員の藤原信幸さん(東京芸術大学教授)が御出品の作品展が、
現在、平成記念美術館ギャラリーで開催されています。

 

開催日 2016.2.23(火)~2016.3.31(木)
会場 平成記念美術館 ギャラリー(世田谷区桜3-25-4)
観覧料 無料

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »