« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月27日 (火)

10/10まで エジプトのイスラーム都市を掘る―日本調査隊によるフスタート遺跡の発掘成果― 横浜

横浜ユーラシア文化館では、

企画展「エジプトのイスラーム都市を掘るー日本調査隊によるフスタート遺跡の発掘成果ー」

を開催中です。

企画展「エジプトのイスラーム都市を掘るー日本調査隊によるフスタート遺跡の発掘成果ー」
エジプト・フスタート遺跡出土のガラス製品を展示しておりますので、是非ご覧ください。

企画展「エジプトのイスラーム都市を掘るー日本調査隊によるフスタート遺跡の発掘成果ー」
【展示概要】
エジプトの首都カイロ市南部に位置するフスタートは、7~14世紀に東西交易などで繁栄したイスラーム都市です。
1978年から日本の調査隊による発掘調査が行われ、土器、陶器、ガラス製品、中国陶磁等さまざまな遺物が出土しました。
このたびの企画展では、これらの出土品を幅広く展示し、その全容をご紹介します。

【会期】
2016年9月17日(土)~10月10日(月・祝)
【観覧料】
一般300円、小学・中学生150円

詳細はホームページをご覧ください。
http://www.eurasia.city.yokohama.jp/exhibition/index.html

企画展「エジプトのイスラーム都市を掘るー日本調査隊によるフスタート遺跡の発掘成果ー」
■関連講座
「イスラーム世界の都市生活 ―ナイルのほとりの伝統と技術革新―」
講師 長谷川奏(早稲田大学総合研究機構客員教授)
「フスタート遺跡出土遺物からみたイスラームと異文化」
講師 真道洋子(公益財団法人東洋文庫研究員)
【日時】
2016年10月1日(土)14:00~16:00
【会場】
1階ギャラリー
【受講料】
400円(企画展招待券付)
【定員】
30名(先着順)
お申し込み不要。直接会場へお集まりください。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2016年9月26日 (月)

日本ガラス工芸学会2016年度大会のプログラムが決定 10/15(土)多摩美八王子キャンパス

日本ガラス工芸学会 会員各位 2016年9月吉日

2016年度大会プログラムをお知らせします。

 

かねてよりご連絡しておりました、日本ガラス工芸学会2016年度大会のプログラムが決定いたしました。

様々なテーマの発表に加え、会場である多摩美術大学の特色を活かした内容となっております。

ここに大会プログラムおよび関連書式一式を添付いたします。皆様奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

大会プログラム(交通機関および会場案内を含む) (pdf)

参加申込書 (xlsx)

※事前申込につい

懇親会費が割引き価格となる事前申込(書式②)の締切は930日(金)です。

参加申込は当日会場でも受付けますが、懇親会費の割引きはありません。

学会参加費 会員 無料 非会員 500円

懇親会参加費 事前申込 5000円 当日申込 6000円

申込方法 メール(agasj2016アットマークgmail.com)または学会事務局宛FAX(03-3700-9140) もしくは郵送でお送りください。

*すでにお申込み済みの方は再度申込みの必要はありません。

なお、ご質問やご意見等ございましたら、実行委員会のメールアドレス agasj2016アットマークgmail.com

あるいは事務局FAXまでご連絡いただけますと幸いです。

それでは10月に多摩美術大学にて皆様にお会いできることを楽しみにしております。

 

※メールアドレス表記の”アットマーク”は、迷惑メール対策です。 半角 @ にご変更ください。

 

日本ガラス工芸学会2016年度大会実行委員会 委員長 池本一三

参加申込書ダウンロード用HP http://j-glass.org/site/

事務局 158-0095 東京都世田谷区瀬田5-11-11井上方

日本ガラス工芸学会事務局 FAX 03-3700-9140

 

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2016年9月 3日 (土)

2016年度大会発表申込みの締切りを延長のおしらせ 9/6まで

2016年度大会(2016年10月15日(土)於:多摩美術大学)の発表枠にまだ余裕があります。

ついては、申込みの締切期日等を下記のように変更いたしますので、
発表をご検討中の方はぜひお申込み下さい。

発表申込受付 8/31 → 9月6日(火)

発表採否連絡 9/6 → 9月11日(日)

レジュメ締切  9/21 →    9月26日(月

 

お申込みは前回添付した申込み用紙(サイトでも公開中)で、

下記2016年度大会実行委員会アドレス
または日本ガラス工芸学会 大会サイトのフォームよりご送付ください。

agasj2016@gmail.com

FAXの場合は学会事務局:03‐3700‐9140へお願いいたします。

 

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

東京藝術大学ガラス造形研究室 春日部市立医療センター内のホスピタルアートを制作

会員の藤原信幸先生をはじめとする東京藝術大学ガラス造形研究室の皆さんが、
さる7/1に開業された埼玉県春日部市の春日部市立医療センター内のホスピタルアートを手掛けられました。

こちらで写真入りで紹介されています。

春日部市立医療センター
施設案内  ホスピタルアート

春日部市
新病院の建設工事が竣工します(平成28年3月7日現在)

 

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

山花会員 東海大学9月の地域連携講座として2つの企画に参画。

会員の山花京子先生(東海大学)が、同大の地域連携講座の企画に参加され、9月は2つの企画が行われます。

 

・展示会「マヤとエジプト -ピラミッドの謎-」 9/26-30

160926-maya-egypt[4]

会場 東海大学サテライトオフィス地域交流センター(小田急 東海大学前駅前。神奈川県秦野市南矢名)

「今回の展示会では、横山玲子教授(アメリカ文明学科)と山花京子准教授(アジア文明学科)による共同研究の成果をもとに、両地域でのピラミッドの定義や歴史、構造、工法などに焦点を当てて紹介。」

 

・見学会「東海大学所蔵 古代エジプトコレクション見学会」 9/30

160930-egyptcllection[4]

会場 東海大学湘南キャンパス松前記念館(神奈川県平塚市北金目)

「文学部アジア文明学科山花准教授(古代エジプト学専門)が展示解説をいたします。実物の遺物を見ながら、はるか昔の古代エジプト人の生活の豊かさを感じてください。」

見学会は予約制で地域の方優先との事ですが、まだ空きがあるとの事です。

 

いずれも詳細は、
【東海大学サテライトオフィス】9月の地域連携講座のお知らせ | 東海大学の新たな地域連携 「To-Collaboプログラム」COC 地(知)の拠点整備事業

をご覧ください。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2016年9月 2日 (金)

9/1-11/27 町田市立博物館「青野武市作品受贈記念 ―ガラスに、彫る― 日本のグラヴィール」展

町田市立博物館では、来る9/10(土)より   

「青野武市作品受贈記念 ―ガラスに、彫る― 日本のグラヴィール」

 

が開催されます。当学会後援。会期は11/27(日)まで。

 

Machida1

 

「「グラヴィール」とは、銅盤などの回転工具でガラス表面を削り、絵画的な文様を表す技法で、「グラヴュール」「ホイール・エングレーヴィング」とも呼ばれます。西洋では17世紀初め頃に確立した技法で、日本でこの技法が始められた時期は判然としませんが、江戸時代の作例とされるものが遺っています。明治に入ると、官営ガラス工場に雇い入れられたイギリス人技師によって、カットの技法とともに西洋のグラヴィール技法が伝えられました。本展覧会は、近代日本を代表するグラヴィール作家の一人である青野武市(あおのたけいち。1921年-2011年)の作品87点が町田市に寄贈されたことを記念して開催されます。江戸・明治期に作られたものから現代の作家の作品まで、確かな技術に裏打ちされた繊細かつ優美な作品約120点をご紹介いたします。」   
サイトより

 

Machida2

 

会期中、一部作品展示替えがございます。      
また、武政健夫氏の作品3点は、10月16日(日曜日)から11月9日(水曜日)までの展示予定です。
 

 

 

 

 

日時    
2016年9月10日(土曜日)から11月27日(日曜日)午前9時から午後4時30分

 

休館日    
毎週月曜日(ただし9月19日、10月10日は開館、9月20日、10月11日休館)

 

入館料    
一般300円(中学生以下無料、障がい者半額)

 

主催    
町田市立博物館      
後援    
日本ガラス工芸学会

 

///日本ガラス工芸学会 ///   
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。    
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。    
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。    
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

 

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。   

|

堀口徹 ロンドン 9/15「Edo Kiriko: Two Perspectives on the World of Japanese Cut Glass」

昨年の大会にてご講演頂いたSally Haden 氏と、
会員の堀口徹(
堀口切子)が登壇されるイベントがロンドンで開催されるとの事。

「Edo Kiriko: Two Perspectives on the World of Japanese Cut Glass」

 

Thursday 15 September 2016 
6.30 for 7.00pm

Art Workers’ Guild
6 Queen Square
Bloomsbury WC1N 3AT

http://www.japansociety.org.uk/event/edo-kiriko-japanese-cut-glass/

主催 japansociety
協賛 駐英日本国大使館他

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »