« 1/25(水)~3/12(日)「サントリー美術館新収蔵品 コレクターの眼 ヨーロッパ陶磁と世界のガラス」展(更新) | トップページ | 岡本文一会員 『工芸の諸相―造形表現としての考察―』 新潮社 を上梓 »

2017年1月27日 (金)

~17/4/3 冬期収蔵作品展 「ひかりのたち展2016」妖精の森ガラス美術館

妖精の森ガラス美術館

2016年度冬期収蔵作品展

「ひかりのかたち展2016」

増殖と分裂 2016 内田 守増殖と分裂 2016 内田 守

 

妖精の森ガラス美術館では2016年度冬期収蔵作品展「ひかりのかたち展」が開催されています。2017/4/10(月)まで。

「今年度も4~6月の間で6人のガラス作家さんを工房にお呼びし、妖精の森ガラスでそれぞれの作品を制作していただきました。今回の収蔵展はその新作収蔵作品たちを中心に展示いたします。

展示する作品はほとんどが妖精の森ガラス作品なので、展示ケース内の照明を蛍光灯からブラックライトに換えてガラスが蛍光する様子を分かりやすく展示する予定です。

不思議に蛍光する妖精の森ガラスの特徴、魅力が伝わりやすい展覧会になると思います。ぜひご来館下さい。」
サイトより

開催要項
会場:妖精の森ガラス美術館 2階企画展示室

会 期:平成28年12月7日(水)~  平成29年4月10日(月)
出品点数: 出品点数: 60 点
うち新規収蔵作品制作作家(6名)
内田守 野上真理子  花岡 央 平井 睦美 三浦 侑子 三垣祥太郎

サイト http://kanko.town.kagamino.lg.jp/fairywood/event/2016/11/post-4.html

※1/27更新
会期が1週間短くなったとのことで更新いたしました。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

« 1/25(水)~3/12(日)「サントリー美術館新収蔵品 コレクターの眼 ヨーロッパ陶磁と世界のガラス」展(更新) | トップページ | 岡本文一会員 『工芸の諸相―造形表現としての考察―』 新潮社 を上梓 »

ニュース・トピックス」カテゴリの記事