« ~17/4/3 冬期収蔵作品展 「ひかりのたち展2016」妖精の森ガラス美術館 | トップページ | 3/4-5 第29回江戸切子新作展 亀戸 会員3名が審査員 »

2017年3月 3日 (金)

岡本文一会員 『工芸の諸相―造形表現としての考察―』 新潮社 を上梓

会員の岡本文一さんが

『工芸の諸相―造形表現としての考察―』

を新潮社 より上梓されました。

「「伝統工芸」と「伝統的工芸」はどう違う? 「伝統工芸士」と「現代の名工」はどう違う? 「民芸」や「クラフト」は工芸ではないのか? 明星大名誉教授がつづる十三の考察。」サイトより

岡本文一 『工芸の諸相―造形表現としての考察―』新潮社図書編集室
価格 2700円(税別)
ISBN  9784109100854
新潮社サイト
http://www.shinchosha.co.jp/book/910085/

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

« ~17/4/3 冬期収蔵作品展 「ひかりのたち展2016」妖精の森ガラス美術館 | トップページ | 3/4-5 第29回江戸切子新作展 亀戸 会員3名が審査員 »

書籍の紹介」カテゴリの記事

ニュース・トピックス」カテゴリの記事