« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月15日 (月)

伊藤拓真著『ルネサンス期トスカーナのステンドグラス』中央公論美術出版より

ルネサンス期トスカーナのステンドグラス

伊藤拓真会員がこの3月、

『ルネサンス期トスカーナのステンドグラス』

を中央公論美術出版より上梓されました。


ページ http://www.chukobi.co.jp/products/detail.php?product_id=737

パンフレットPDF http://www.chukobi.co.jp/user_data/pdf/%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8A.pdf

「現存作品や文書資料を詳細に複数の文脈で分析、ステンドグラス芸術の理解に不可欠の諸問題を個別に取り上げ、ルネサンス期トスカーナにおけるステンドグラスの展開を編年的に把握し考察する。」

何れも中央公論美術出版サイトより。

A4判上製函入
カラー口絵54頁
本文300頁
価格 27,000 円(税込)

追ってブログでもご紹介します。

 

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2017年5月 4日 (木)

6/3(土)日本ガラス工芸学会 第42回総会・講演会のお知らせ

日本ガラス工芸学会 第42回総会・講演会のお知らせ

会員各位

薫風の候、会員の皆様におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は学会の運営に積極的な参加を賜り御礼申し上げます。
さて、きたる6月3日(土)に第42回総会を開催する運びとなりました。
今年は日本におけるステンドグラスのパイオニア宇野澤辰雄・小川三知生誕150年記念にあたります。本学会ではこれを記念し、「宇野澤辰雄と小川三知のステンドグラス技法の秘密」と題して、松本一郎氏、田辺千代氏による基調講演を行っていただくことになりました。明治期のステンドグラスの草分けを担った宇野澤辰雄と、その後を追って大正期から昭和初期にうけてステンドグラスの爛熟期を牽引していった小川三知の技術面からその偉業を解き明かしていただく機会になればと考えます。
この機会にひとりでも多くの会員の方にご出席いただけますよう、お誘い合わせの上お出かけください。

日本ガラス工芸学会
会長 中井 泉

日本ガラス工芸学会 第42回総会・講演会のお知らせ 

第42回総会のご案内 全文(PDF)はこちら。

日時 2017年6月3日(土)14:30~16:30
会場 日本硝子製品工業会 地下第一会議室
住所 〒169-0073 東京都新宿区百人町3-21-16 日本ガラス工業センタービル
(山手線新大久保駅より徒歩約5分)

次第
13:00 会場
13:30-14:15 総会(理事改選含む)
14:30-16:30 講演会&パネルディスカッション、「宇野澤辰雄と小川三知のステンドグラス技法の秘密」
講演:松本一郎氏、田辺千代氏 司会:吉田淳一

17:15より 懇親会(会員5000円、当日徴収)

*5月20日(土)までに出欠をお知らせください。 
*ご欠席の場合は委任状にご記入の上でご返送ください。
*会員の方は参加無料です。受付にてバッジを配布いたします。
*会員以外の参加者は、受付にて参加費500円をお納めください。
*玄関ドアが自動施錠されますのでもも到着が遅れる場合は事前にご連絡をお願いします。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

6/3(土)「日本のステンドグラスのパイオニア 宇野澤辰雄・小川三知生誕150年記念 -宇野澤辰雄と小川三知のステンドグラス技法の秘密-」

)「日本のステンドグラスのパイオニア 宇野澤辰雄・小川三知生誕150周年記念 -宇野澤辰雄と小川三知のステンドグラス技法の秘密-」

6/3(土)PM14:30~

「日本のステンドグラスのパイオニア 宇野澤辰雄・小川三知生誕150年記念 -宇野澤辰雄と小川三知のステンドグラス技法の秘密-」

日本ガラス工芸学会主催
日本ガラス工芸学会第42回総会 講演&パネルディスカッション

)「日本のステンドグラスのパイオニア 宇野澤辰雄・小川三知生誕150周年記念 -宇野澤辰雄と小川三知のステンドグラス技法の秘密-」

2017年は、日本のステンドグラスのパイオニアである宇野澤辰雄と小川三知の生誕150年に当たります。これを記念して日本ガラス工芸学会主催による「宇野澤辰雄と小川三知のステンドグラス技法の秘密」と題して、松本一郎氏、田辺千代氏による基調講演を行って頂く運びとなりました。明治期のステンドグラスの草分けを担った宇野澤辰雄と、その後を追って大正期から昭和初期にうけてステンドグラスの爛熟期を牽引していった小川三知の技術面からその偉業を解き明かしていただく機会になればと考えます。

パネリスト
松本一郎(株式会社松本ステインドグラス製作所)
田辺千代(日本のステンドグラス史研究家・本学会会員)
吉田淳一(本学会副会長・大阪産業大学教授)

日時 2017年6月3日(土)14:30~16:30

会場 日本硝子製品工業会 日本ガラス工業センタービルBF
〒169-0073 東京都新宿区百人町3-21-16

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2017年5月 3日 (水)

日本ガラス工芸学会学会誌『Glass』第61号(2017)を発行。

日本ガラス工芸学会学会誌『GLASS』61号を発行しました。
総会のお知らせと共に会員の皆様へご送付いたしました。

日本ガラス工芸学会学会誌『Glass』第61号(2017)

journal of the association for glass art studies, japan No.61(2017)

No.61 (2017)
CONTENTS

隋における高鉛ガラス製容器生産の成立背景に関する再検討/林 佳美・・・・・・3
府県庁舎の近代建築とステンドグラス(3)-愛媛県本庁舎・宮崎県庁舎本館-/吉田淳一・・・・・・28
講演会記録「父、青野武一の生涯と作品」/青野 覚・・・・・・43
宮内庁三の丸尚蔵館所蔵《菊桐鳳凰文ガラス花瓶》の製作者をめぐって/齊藤晴子・・・・・・51
石英ガラス火加工における加工者の感性評価/須田真通・・・・・・55

情報・報告・・・・・・63


学会誌GLASS バックナンバーと目次一覧

Glass01-05号目次 1975-1978 Glass06-10号目次 1979-1981

Glass11-15号目次 1981-1983 Glass16-20号目次 1984-1986

Glass21-25号目次 1986-1989 Glass26-30号目次 1989-1991

Glass31-35号目次 1992-1994 Glass36-40号目次 1994-1996

Glass41-45号目次 1997-2002 Glass46-50号目次 2003-2007

Glass51-55号目次 2008-2011 Glass56-60号目次 2012-2016

Glass61号- 目次 2017-

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。


|

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »