« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月25日 (火)

9/2(土) 第37回 日本ガラス工芸学会・研究会〔大阪〕のご案内

第37回 日本ガラス工芸学会・研究会〔大阪〕のご案内

蒸し暑い日々が続いておりますが、日本ガラス工芸学会会員の皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

恒例となりました、研究会を下記の要領で開催したいと思います。皆様ふるってご参加いただけますよう、お願い申し上げます。

日時
2017年9月2日(土)14:00~17:00

開場
14:00

発表(質疑応答含む)

14:30~16:00

「大正期の住宅建築とステンドグラス-神戸・岡本の洋館(旧稲畑邸)、須磨・神戸迎賓館(旧西尾類蔵邸)」調査報告

発表者 吉田淳一

今回は、神戸市岡本と須磨の地に大正期に建てられた洋館住宅(旧稲畑邸-大正11年と旧西尾類蔵邸-大正8年)について、建築と各室およびステンドグラスの配置に着目して、現地調査を行ないました。
ステンドグラスについては、建築との関係を明らかにし、残された資料と他の類例を参考にし、製作技法と製作者特定の試みと考察を報告します。
旧稲畑邸には、小川三知が得意としていた「盛り付けハンダ技法」が使われています。また、旧西尾類蔵邸には、旧神戸海洋気象台の「雲とカモメ」のステンドグラスと類似するものが認められます。

場所
大阪駅前第3ビル19階
大阪産業大学 梅田サテライトキャンパス レクチャールームB室

http://www.umeda-osu.ne.jp/access.html

 

〔交通〕
●JR「大阪駅」より徒歩 約15分
●JR「北新地駅」より徒歩 約10分
●阪急「梅田駅」より徒歩 約15分
●阪神「梅田駅」より徒歩 約10分
●地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩 約10分

〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル19F
TEL: 06(6442)5522 FAX: 06(6442)5524

研究会参加について:
会員の皆様の研究会へのご参加は無料です。非会員の方々の参加については、参加費500円を頂戴いたします。
会場の椅子準備の関係上、ご参加になる方は前もって事務局または担当(吉田 メールアドレス yoshidaアットマークedd.osaka-sandai.ac.jp)へご連絡いただけますよう、お願いいたします。

以上

 

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

関西研究企画 吉田淳一

研究企画委員 山花京子(yama_egyアットマークhum.u-tokai.ac.jp

※迷惑メール対策。 アットマークを半角@に変換の上ご連絡ください。

***********************************

Fax送信用紙

日本ガラス工芸学会

事務局 気付 (Fax 03-3700-9140)

研究企画部門宛

2015年9月10日の研究会(関西)に参加いたします。

参加者氏名______________________________

参加者連絡先_____________________________

通信欄:

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2017年7月24日 (月)

考古学講座-中世博多の考古学- 第4回10/21 井上会員講師 福岡市埋蔵文化財センター

考古学講座-中世博多の考古学-考古学講座-中世博多の考古学-2

 

福岡市埋蔵文化財センター 平成29年度考古学講座

「博多遺跡群出土品重要文化財指定記念講座 ―中世博多の考古学―」

が開催されています。

 

平成29年10月21日(土)の第4回は、

「チャイナタウンのガラス ―博多ガラスの復原―」

として、会員の井上暁子さんが講師を担当されます。

申込 事前申込不要 受講希望の方は、当日埋蔵文化財センターへ直接。
定員 先着200名
入場料 無料

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2017年7月22日 (土)

7/26-8/1 室 伸一ガラス展 日本橋髙島屋

室 伸一ガラス展 日本橋髙島屋

室 伸一ガラス展 日本橋髙島屋

会員のガラス作家、室伸一様が個展を開催されます。

7/26(水)から8/1(火)の日程で、会場は日本橋高島屋6階美術工芸サロンです。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

10/22まで 特別展「BODY/DRESS」 石川県能登島ガラス美術館

石川県能登島ガラス美術館「body/dress」

石川県能登島ガラス美術館では、特別展「BODY/DRESS」が開幕。10/22(日)まで。

ガラスという工芸的な素材・手法を用いながらも、いわゆる「ガラス工芸」ではなく、現代を生きる人間の表現として、「身体」を強く意識させる作品制作を行っている女性作家によるグループ展。女性の身体、そして女性にとってもうひとつの皮膚とも言えるドレスを通して見える多様な価値観を紹介します。
ガラスという素材を広く解釈し、独自の表現言語で自身の内部を表出する作家たちの造形は、時に煌びやかに、時に脆く痛々しく、時に禍々しさすら帯びながら見る者を圧倒します。
本展では、ジャンル概念を超えて普遍的なテーマに向き合い、独創的な表現を行う作家の作品世界を通して、現代を反映する表現としてのガラス造形の可能性を探ります。

サイトより

 

「BODY/DRESS」

日時
2017年7月15日(土)~10月22日(日 9:00~17:00 入館は閉館の30分前まで

休館日
7月18日(火)、9月19日(火)、10月17日(火)

入館料
個人(高校生以上)800円、団体(20名以上)700円、中学生以下は無料

出品作家
イ・ブル 小田橋昌代 言上真舟 広垣彩子 松宮硝子 村山留里子

 

石川県能登島ガラス美術館

〒926-0211 石川県七尾市能登島向田町125-10 TEL 0767-84-1175 / FAX 0767-84-1129

|

町田市立博物館 Twitterアカウントご開設

「町田市立博物館(町田市公式)Twitterをはじめました。
展覧会情報などを随時つぶやきます。ぜひ、フォローしてください。」
(町田市サイトより)

町田市立博物館さんがTwitterアカウント開設されましたのでご紹介します。

また、同館では来月20日(日)、当学会と共催で
「シンポジウム「ガラスを彫る技術―カット・グラヴィール・サンドブラストの違いを知ろう―」」を開催します。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »