サイト更新のお報せ

2017年6月13日 (火)

2017年の行事案内更新しました。

総会の開催・ご承認を受けまして、2017年度事業のお知らせをサイトを更新しました。

2017年度 事業計画

各役員・委員

研究企画としては本年度、下記を予定しております。
(事業ページ企画より抜粋)

秋、会員の1年間のガラスに関する活動を発表紹介する場としての大会を始め、
ご参加いただける展覧会見学、工場見学、研究発表会などを年に数回実施しています。

会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
創立趣意書」をご覧下さい。

2017年度 事業計画より研究企画抜粋

①富山市ガラス美術館「雲母 KIRA 平山郁夫とシルクロードのガラス展」日帰り見学会 6月24日(土)

②日本ガラス工芸学会・町田市立博物館共催シンポジウム「ガラスを彫る(仮題)」 8月20日(日)

③第37回関西研究会 9月2日(土)
大阪産業大学梅田サテライトキャンパス 吉田淳一「岡本の洋館(旧稲畑邸)の建築とステンドグラス」他

④2017年度大会 10月14日(土) 東海大学

⑤体験型ワークショップ 東京芸大取手校舎 11月あるいは3月予定

⑥第38回関東研究会 12月予定
池田・和泉「北澤美術館所蔵ガレのガラスの化学分析について」
藤原・齊藤・井上・清水ほか「江戸・東京のガラス研究(1)」

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2016年11月 9日 (水)

2016年度大会が開催されました。大会ページに開催風景を掲載。

日本ガラス工芸学会2016年度大会記念写真

10/15(土)快晴に恵まれた中、多摩美術大学八王子キャンパスにて、
日本ガラス工芸学会2016年度大会が開催されました。

開催の様子を、日本ガラス工芸学会大会のページに掲載いたしました。

日本ガラス工芸学会2016年度大会口頭発表日本ガラス工芸学会2016年度大会パネル発表
日本ガラス工芸学会2016年度大会多摩美ガラス工房見学日本ガラス工芸学会2016年度大会閉会のあいさつ

沢山のお運びを頂きました。実行委員の皆様、そして池本先生はじめ多摩美術大学の皆様ありがとうございました。お疲れさまでした。

 

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2016年10月15日 (土)

本日10/15(土)開催 日本ガラス工芸学会2016年度大会 ご案内

本日10月15日(土曜日)、

日本ガラス工芸学会2016年度大会

を多摩美術大学八王子キャンパスで開催いたします。
交通案内(多摩美サイト) 橋本駅北口からバスで約8分。または、 JR八王子駅南口からバスで約20分。

大まかな日程は、

A発表(口頭)10:00より 会場、レクチャーホール301 受付9:30〜

移動・昼休み

A発表.B発表(ポスター).C発表 会場、工芸棟ガラス講義室 受付12:45〜

ガラス工房見学 15:45〜

学生による吹きガラスデモ 16:00〜

閉会.集合写真 16:45〜 会場、工芸棟ギャラリー

となっております。

詳細は、サイトや下記をご覧ください。 

 

大会発表の要旨集掲載しました。

大会要旨集(20ページ) (pdf)

 

大会の詳細は、

日本ガラス工芸学会サイト 大会のご案内

にも掲載しています。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2016年5月31日 (火)

日本ガラス工芸学会学会誌『Glass』第60号(2016)を発行。

日本ガラス工芸学会学会誌『GLASS』60号を発行。
名簿と共に会員の皆様へご送付いたしました。

サイトの『GLASS』ページも更新しております。

 

日本ガラス工芸学会学会誌「Glass」第60号(2016)日本ガラス工芸学会学会誌「Glass」第60号(2016)裏表紙

No.60 (2016)
CONTENTS

興業社と官営品川硝子(2)-お雇い外国人技師はどのような人たちだったか/サリー・ヘイデン、井上曉子・・・・・・3
古代ガラス玉の製作技法に関する研究-溶解ガラスから直接つくる技法-/島田守・・・・・・14
府県庁舎の近代建築とステンドグラス(2)大阪府庁本館/吉田淳一・・・・・・25
江戸明治前期のガラス雑報雑攷 (8)/棚橋淳二・・・・・・40
日本ガラス工芸学会創立40周年記念式典&講演会・祝賀会・・・・・・61

情報・報告・・・・・・64

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2015年12月25日 (金)

2015大会のご報告写真掲載

2015年大会の模様をサイトに写真掲載いたしました。

11/24(土)・25(日)東京藝術大学上野校地で開催

2015ガラス工芸学会大会A発表2015ガラス工芸学会大会パネル発表 発表概要
2015ガラス工芸学会大会招待講演2015ガラス工芸学会大会招待講演 招待講演概要

!cid_C823C783-CDFC-4FAA-8F38-6F34439904A8!cid_5FC0706E-5144-4D3B-BDE0-2EA4DE4E7C3E ワークショップ概要

 

遅くなりましたがここにご報告申し上げます。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2015年9月17日 (木)

[大会]一部発表応募書類の書式変更のおしらせ

2015年10月24日(土)・25日(日)開催
日本ガラス工芸学会大会の発表応募書類について

④A/ B発表用レジュメ・フォーマット  (word .doc)

⑤C発表用レジュメ・フォーマット(作品タイトル)  (word .docx)

⑥C発表用レジュメ・フォーマット参考例  (word .doc)

の3ファイルについて、書式が変更となりました。

サイトの大会のご案内も更新して御座います。

よろしくお願い致します。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

 

|

2015年7月23日 (木)

日本ガラス工芸学会サイトをリニューアルしました。

日本ガラス工芸学会は、ホームページをリニューアルしました。

ドメイン http://j-glass.org/ は変わりません。

日本ガラス工芸学会サイトhttp://j-glass.org/
新しいホームページのイメージ画像

学会の企画、美術館・博物館の展覧会、新刊書籍、会員の作家さん展覧会等の
情報を掲載しておりますブログは、ホームページ内にて更新してまいります。

※ココログに開設している日本ガラス工芸学会のブログについて
当面、並行して同じ内容を掲載してまいります。
過去ログは新サイトに移行してありますが、
広告がない新サイトをお勧めします。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。

|

2014年6月23日 (月)

日本ガラス工芸学会誌「GLASS」58号 発行

日本ガラス工芸学会学会誌「GLASS」58号を発行。 
会員の皆様へご送付いたしました。

日本ガラス工芸学会学会誌「GLASS」58号

No.58 (2014)

「天使のオルガン」
グラスハープとアルモニカに関する研究報告
田村治美・・・・・・3

ガラス楽器への試み
ガラスから生まれる音は・・・
村上達夫・・・・・・13

手彫り切子の意匠と材質(Ⅱ)
棚橋淳二・・・・・・17

大阪北船場地区近代建築
青山ビル、大阪倶楽部のステンドグラス
吉田淳一・・・・・38

情報・報告・・・・・・49

特集 ガラスの楽器

また2013~2014の日本ガラス工芸学会名簿も合わせてお届けしております。

これらに伴い、58号の既刊案内への掲載や
一般法人会員・購読会員の変更に伴うリンク集の入れ替えなど、サイトを更新しました。
(会員の方でのリンク集の掲載依頼はご一報をお願いします。)

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆

mark 日本ガラス工芸学会ブログへようこそ。

日本ガラス工芸学会は、
ガラス工芸研究者相互の連繋、同好者間の情報交換、海外関係団体との提携等によって
ガラス研究の向上、ガラス文化の振興を図る団体で、どなたでも参加できます。

詳細は、 こちら(日本ガラス工芸学会入会のご案内)

このブログでは、ガラス学会の年会(研究会)・見学会等の行事やニューズレター・学会誌等のおしらせの他、
ガラス工芸や会員に関係する講演会・個展作品展等のイベント、ガラスの書籍・展示会等の最新情報をお知らせします。

◆会員出版の書籍のご紹介

『ガラスが語る古代東アジア [ものが語る歴史27]』小寺智津子著

『日本のステンドグラス 宇野澤辰雄の世界』 田辺千代著

佐藤潤四郎先生画 『比伊止呂造法』 (稀少本)頒布のお知らせ

黒川高明著『ガラスの文明史』が出版 春風社より2/5より

大森潤之助著『日本のウランガラス』出版のご紹介

ラルテ・ヴェトラリア 17世紀初頭のガラス製造術 出版のお知らせ

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

日本ガラス工芸学会 第35回総会 5/8開催されました。

日本ガラス工芸学会第35回総会 直前の様子日本ガラス工芸学会第35回総会 直前の様子

日本ガラス工芸学会第35回総会が、さる5/8(土)東京ミッドタウン内サントリー美術館6階ホールにて開催され、無事終了いたしました。

議案の09年事業報告・決算および10年事業計画・予算案の議案は、承認されました。
事業計画は、予定サイトに掲載致しましたので、ご覧ください。

総会の後、
「和ガラス/粋なうつわ、遊びのかたち」展記念シンポジウム
「和ガラスを語る」が開催されました。

「和ガラス/粋なうつわ、遊びのかたち」展記念シンポジウム「和ガラスを語る」

土田ルリ子氏(サントリー美術館学芸員)司会の下、
土屋良雄氏 (サントリー美術館企画委員)
篠原正義氏 (篠原まるよし風鈴)
吉田淳一氏 (大阪産業大学教授)
井上暁子氏 (当会会長 東海大学大学院講師)
により、
コレクター・研究者・制作者・キュレーター、それぞれの立場から、
和ガラスをめぐる視点・論点・考察が語られ、
会場からの質問・議論と相まって、歴史背景や技術、日本のガラス工芸文化の紹介・研究・キュレーション等の、さまざまな議論が交わされました。

 

///////// ///////// ///////// /////////
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
日本ガラス工芸学会

| | コメント (0) | トラックバック (0)